セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

梅雨入り直前(T_T 長雨に備えるコイン35倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

秘書はシンデレラ

秘書はシンデレラ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
スーザン・メイアー
翻訳者
庭植奈穂子
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
ハーレクイン・イマージュ
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2016年01月14日
ページ概数
166 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

貧しくて醜いあひるの子の私が、憧れの彼の住み込み秘書に……?

同居していた親友が結婚し、家賃を払えなくなったローラ・ベスは、住み慣れたアパートメントを引き払うことになった。失業中で次に行くあてもなく、途方に暮れていたとき、親友の結婚式で会った知人のイタリア人老富豪から、息子であるアントニオの秘書になってほしいと頼まれる。ローラ・ベスは何年も前からアントニオのことは知っていたが、華々しい成功者の彼と貧しくて地味な自分とは縁がないと思っていた。2年前に美しい妻を亡くして塞いでいる彼を、献身的に支えたい……。その一心で秘書になるためイタリアへ飛ぶローラ・ベスだったが、アントニオは激しい怒りを込めて、秘書など必要ないと吐き捨てた!■優しさと癒やしのロマンスをお届けするHQイマージュの代表的作家スーザン・メイアー。最新作は、家もなく路頭に迷ったヒロインと、どこか陰を秘めたヒーローの切ない恋物語です。『秘書物語』(I-2359)と『うたかたのシンデレラ』(I-2395)の関連作。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
奇跡を授かったシンデレラ

600円(+税)

スーザン・メイアー/八坂よしみ

ハーレクイン・イマージュ

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
記憶のなかの愛マンガ

500円(+税)

スーザン・メイアー/岡田純子

ハーレクインコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
禁じられた誓いマンガ

500円(+税)

スーザン・メイアー/高倉知子

ハーレクインコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
運命の日曜日マンガ

500円(+税)

スーザン・メイアー/御園えりい

ハーレクインコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
恋は期間限定マンガ

500円(+税)

スーザン・メイアー/湊よりこ

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
幸せのジングルベル【ハーレクイン・...

500円(+税)

スーザン・メイアー/八坂よしみ

ハーレクイン・セレクト

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
結婚からもう一度マンガ

500円(+税)

スーザン・メイアー/岸本景子

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
幸せのジングルベル

600円(+税)

スーザン・メイアー/八坂よしみ

ハーレクイン・イマージュ

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
秘書はシンデレラ

600円(+税)

スーザン・メイアー/庭植奈穂子

ハーレクイン・イマージュ

コインUPキャンペーン対象商品
価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら210コイン(※)
6 + 204コインUP
2017/05/29 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです