セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

径(こみち)に由らず~御算用日記~

径(こみち)に由らず~御算用日記~-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

六道慧
ジャンル
文芸
レーベル
光文社文庫
シリーズ
御算用日記(光文社文庫)
出版社名
光文社
配信開始日
2016年02月12日
ページ概数
322 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

幕府御算用者の生田数之進が、友の早乙女一角とともに潜入を命じられた丹後国鶴川藩は、この5年ほどの間に、借財を半分に減らしていた。女色に耽り、芸事を好む藩主・牧原英成は、本当にうつけなのか、それとも……。豊かに見える藩に隠された真実とは何か? 藩の裏帳簿「西施帳」とは何なのか?数之進の新たな恋の予感を告げる、大好評シリーズ第8弾!

御算用日記(光文社文庫) ( 13 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
月を流さず~御算用日記~

日本国内のみ販売

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
青嵐(あおあらし)吹く~御算用日記...

日本国内のみ販売

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
石に匪(あら)ず~御算用日記~

600円(+税)

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
径(こみち)に由らず~御算用日記~

600円(+税)

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
護国の剣~御算用日記~

600円(+税)

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
甚を去る~御算用日記~

600円(+税)

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
星星の火~御算用日記~

600円(+税)

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
駑馬十駕(どばじゅうが)~御算用日...

600円(+税)

六道慧

光文社文庫

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
おぼろ隠密記~妖(あやか)し小町 ...

日本国内のみ販売

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
警察庁α特務班 ラプラスの鬼

670円(+税)

六道慧

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
偽装強盗~渋沢瑛一の東亰事件簿~

750円(+税)

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
警視庁行動科学課

600円(+税)

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
くノ一元禄帖 大江戸繚乱

550円(+税)

六道慧

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
殺意の黄金比~渋沢瑛一の東亰事件簿...

700円(+税)

六道慧

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公儀鬼役御膳帳  ゆずり葉

657円(+税)

六道慧

徳間文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
警察庁α特務班 反撃のマリオネット

670円(+税)

六道慧

徳間文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
径(こみち)に由らず~御算用日記~

600円(+税)

六道慧

光文社文庫

価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:6コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです