セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

使者 百万石の留守居役(六)

使者 百万石の留守居役(六)-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

上田秀人
ジャンル
文芸
日本文学
レーベル
講談社文庫
シリーズ
百万石の留守居役
出版社名
講談社
配信開始日
2016年01月08日
ページ概数
290 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

初めて直系ではない将軍となる綱吉を支える老中堀田正俊。その野望に、各藩の緊張は高まる。加賀藩主前田綱紀は早くに正室を亡くしている。外様第一の継室の座をめぐり、各藩の留守居役たちが動き出す。親幕の保科家の会津に向かった若すぎる留守居役数馬も、老獪な筆頭家老相手に微妙きわまる外交に臨む。そして、加賀を追われ恨みをもつ刺客たちが数馬に襲いかかった! 文庫書下ろし人気シリーズ、第六弾!

(c)上田秀人/講談社

百万石の留守居役 ( 8 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
波乱 百万石の留守居役(一)

680円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
思惑 百万石の留守居役(二)

660円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
新参 百万石の留守居役(三)

660円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
遺臣 百万石の留守居役(四)

660円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
密約 百万石の留守居役(五)

660円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
使者 百万石の留守居役(六)

660円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
貸借 百万石の留守居役(七)

660円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
参勤 百万石の留守居役(八)

660円(+税)

上田秀人

講談社文庫

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
お髷番承り候三 血族の澱

629円(+税)

上田秀人

徳間文庫

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
隠密 奥右筆秘帳(七)

500円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
密封 奥右筆秘帳(一)

600円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
秘闘 奥右筆秘帳(六)

500円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
表御番医師診療禄5 摘出

600円(+税)

上田秀人

角川文庫

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
簒奪 奥右筆秘帳(五)

500円(+税)

上田秀人

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
お髷番承り候九 登竜の標

640円(+税)

上田秀人

徳間文庫

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
墨痕 奥右筆秘帳(十)

619円(+税)

上田秀人

講談社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
使者 百万石の留守居役(六)

660円(+税)

上田秀人

講談社文庫

価格
660円 (+税)
713円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:6コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
360 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです