セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

捜査一課・桐生恭介(3) 屍猟

捜査一課・桐生恭介(3) 屍猟-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
龍一京
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
捜査一課・桐生恭介
出版社名
アドレナライズ
配信開始日
2016年01月20日
ページ概数
274 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

猟奇殺人事件の背後に蠢く、汚れた野望と歪んだ欲望……狂気の犯罪に挑む決死の捜査!

 宮城県青根温泉郷で若い外国人女性の他殺死体が発見された。捜査を進める警視庁捜査一課の桐生警部補らは、ホステスである被害者が関わっていた管理売春の存在と複数の同僚女性が失踪している事実を知る。女たちの背後を洗うにつれ浮かびあがる容疑者と道路公団の汚職の構造。桐生は鍵を握る男に肉薄するが、その人物は何者かに殺され、桐生たちの身辺にも怪しい影が…。

●龍一京(りゅう・いっきょう)
1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)など著書多数。

「捜査一課・桐生恭介」シリーズ ( 4 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捜査一課・桐生恭介(1) 屍薬

450円(+税)

龍一京

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捜査一課・桐生恭介(2) 奪掠

450円(+税)

龍一京

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捜査一課・桐生恭介(3) 屍猟

450円(+税)

龍一京

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捜査一課・桐生恭介(4) 刑事疑殺

450円(+税)

龍一京

――

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
暴れ蛇~くりから女刑事~

日本国内のみ販売

龍一京

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
悪党刑事(2) 怨殺

450円(+税)

龍一京

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
刑事・一条寺祐介(2) 凶傷(トラ...

450円(+税)

龍一京

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
凶怨

日本国内のみ販売

龍一京

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
快楽殺人鬼

日本国内のみ販売

龍一京

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
踊り蛇~くりから女刑事~

日本国内のみ販売

龍一京

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
狂った正義

450円(+税)

龍一京

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
凶殺(きょうさつ)

日本国内のみ販売

龍一京

光文社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
捜査一課・桐生恭介(3) 屍猟

450円(+税)

龍一京

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
450円 (+税)
486円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら134コイン(※)
4 + 130コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
150 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです