ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

復活するオウム真理教 地下鉄サリン事件20周年に問う

著者
朝日新聞
価格
100円 100 (+税)
獲得コイン
今なら 30 コイン 2017/11/25 09:59まで

獲得コイン30コインの内訳

通常購入分
1コイン
コインUPキャンペーン分
+29コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
息を止めるクンバカ修行や松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の過去の説法を暗記する特別教学。呪文のような言葉を唱えながら板張りの道場の床に体を投げ出す立位礼拝……。一昔前の話ではない。オウム真理教から派生した宗教団体では、今もこんな修行を実践し、新たな信者を集めている。2014年1月?11月の入信者の6割以上が35歳未満と、若者の姿も目立つ。13人が死亡し、6千人以上が負傷した地下鉄サリン事件があった地下鉄サリン事件20周年。私たちはあの事件から何を学べたのか。教団の現状の報告と合わせて、識者や関係者の思いをレポートする。【登場する人々=敬称略】上祐史浩(「ひかりの輪」代表)、秋田光彦(應典院住職)、森達也(映画監督・作家)、米村敏朗(元警視総監)、菱沼美智子(夫を失った遺族)※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:9274文字/単行本換算で16ページ】

(C) Asahi Shimbun

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「復活するオウム真理教 地下鉄サリン事件20周年に問う」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
37

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2015/12/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「復活するオウム真理教 地下鉄サリン事件20周年に問う」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面