ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

現代雨月物語 物忌異談

籠三蔵

あらすじ・内容

内容紹介
「まだ、一番怖い話があるんです…」

夢の中で訪う温泉宿で
体験した恐怖の一夜。
女将の正体は?
やがて夢は現実を侵食する…
「魔物」より

秩父三峯神社、武蔵御嶽神社
狼信仰と御眷属の神秘。
魔と妖が跋扈する戦慄の実話!

神仏、あやかし、魔物…人霊とはまた別の、不可思議かつ恐るべき力の存在をまざまざと感じさせる異形の実話怪談集。
・幼少時から視えざるモノに悩まされ続ける女性が高校時代に見た恐ろしき夢。20年の時を経て現実世界へと侵蝕する悪夢の主とは…「魔物」
・諏訪大社の置き石に腰掛ける謎の男。声を掛けられた者だけが案内される場所とは…「龍神の宿り木」、・自衛隊基地近くの国道沿いの一角に居る巨大な泥人形。視える人には視えるその禍々しき存在の正体は…「顕彰碑」
その他狼信仰の流れを汲む秩父三峯神社、青梅武蔵御嶽神社、山梨の七ツ石神社の畏怖と神秘の怪異譚など全30話収録!

電子書籍
価格

748(税込)

680円 (+消費税68円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
現代雨月物語(竹書房怪談文庫)
著者
レーベル
竹書房怪談文庫
出版社
竹書房
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
205
配信開始日
2021/2/27
底本発行日
2021/3/6
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 現代雨月物語 身固異談

著: 籠三蔵

内容紹介
「これは関わってはならぬ話なのか…?」
M神社に纏わる奇怪な事件。
調べようとするたびに起きる妨害は警告か。
突然の神降ろしで語られた神の言葉とは…(「道祖神祭」より)

●山の神に赤子を捧げてきた上信越のある地域。因習をやめた翌年から五歳児が連続して亡くなる。五に纏わる凶事の結末は…「五で始まる」
●ふだん神の気配のしない社。その理由は年に一度のどんと焼きの日に明らかに…「道祖神祭」
●母の病室に巣くう死神の黒い影。娘の夢に現れた宝船が示唆する助かる方法とは…「七福神の社」
●広島県北部の山間集落。足先にできた小さな噛み傷が足の付け根まで広がる奇怪な症状。憑き物筋の仕業と見た老人は木野山神社のお犬様を借りてきて…「ゲドウ」
●行くと方向感覚が狂う吉原遊郭跡。夢枕に立った遊女は覚悟なく踏み込めば障りがあることを知らしめてくる…「八朔日の花嫁」

ほか、人智を越えた神とあやかしの世界。
神域に触れる禁忌の実話怪談!

価格

748(税込)

680円 (+消費税68円)

「現代雨月物語(竹書房怪談文庫)」シリーズ作品一覧(全3冊)

715円〜748(税込)

  • 文芸 方違異談 現代雨月物語

    内容紹介
    横須賀の拝み屋の家に伝わる〈箱〉。中に封印されているモノとは…?(「約束」より)
    式神、妖かし、憑き物筋…この世に実在する異形の実話奇譚!

    幽霊・人霊だけにとどまらぬこの世の異談――
    式神、妖かし、憑き物筋など、にわかには信じがたいが実際に存在するモノ。
    現実に起こった怪事件の数々。
    それらを著者自らが取材し纏めた、異形の実話怪談集!!!

    ●横須賀の拝み屋の家に代々伝わる桐の小箱。その家は呪詛呪殺で繁栄してきたというが、箱の中には何が…「約束」
    ●結婚の話題になると彼の体内から出てくる鰻のような黒いモノ。それが彼女の胸に潜り込んできて…「黒蟠虫」
    ●家の中を歩き回る何者かの足音。魔物退治に験力があると言われる三峰神社を頼ると…「御眷属拝借」
    ●全部を読んだり語ったりすると必ず障りがある〈語らずの話〉。一部を怪談会で披露しようとすると…「カレーの中辛」
    ●とり憑かれたように蟻殺しを繰り返す美女。毒餌で殺した女王蟻の最期を見届けた日から恐ろしい事が…「ありおんな」

    他、取材中の空気感も生々しい全28話収録!

    価格

    715(税込)

    650円 (+消費税65円)

  • 文芸 現代雨月物語 物忌異談

    内容紹介
    「まだ、一番怖い話があるんです…」

    夢の中で訪う温泉宿で
    体験した恐怖の一夜。
    女将の正体は?
    やがて夢は現実を侵食する…
    「魔物」より

    秩父三峯神社、武蔵御嶽神社
    狼信仰と御眷属の神秘。
    魔と妖が跋扈する戦慄の実話!

    神仏、あやかし、魔物…人霊とはまた別の、不可思議かつ恐るべき力の存在をまざまざと感じさせる異形の実話怪談集。
    ・幼少時から視えざるモノに悩まされ続ける女性が高校時代に見た恐ろしき夢。20年の時を経て現実世界へと侵蝕する悪夢の主とは…「魔物」
    ・諏訪大社の置き石に腰掛ける謎の男。声を掛けられた者だけが案内される場所とは…「龍神の宿り木」、・自衛隊基地近くの国道沿いの一角に居る巨大な泥人形。視える人には視えるその禍々しき存在の正体は…「顕彰碑」
    その他狼信仰の流れを汲む秩父三峯神社、青梅武蔵御嶽神社、山梨の七ツ石神社の畏怖と神秘の怪異譚など全30話収録!

    価格

    748(税込)

    680円 (+消費税68円)

  • 文芸 現代雨月物語 身固異談

    内容紹介
    「これは関わってはならぬ話なのか…?」
    M神社に纏わる奇怪な事件。
    調べようとするたびに起きる妨害は警告か。
    突然の神降ろしで語られた神の言葉とは…(「道祖神祭」より)

    ●山の神に赤子を捧げてきた上信越のある地域。因習をやめた翌年から五歳児が連続して亡くなる。五に纏わる凶事の結末は…「五で始まる」
    ●ふだん神の気配のしない社。その理由は年に一度のどんと焼きの日に明らかに…「道祖神祭」
    ●母の病室に巣くう死神の黒い影。娘の夢に現れた宝船が示唆する助かる方法とは…「七福神の社」
    ●広島県北部の山間集落。足先にできた小さな噛み傷が足の付け根まで広がる奇怪な症状。憑き物筋の仕業と見た老人は木野山神社のお犬様を借りてきて…「ゲドウ」
    ●行くと方向感覚が狂う吉原遊郭跡。夢枕に立った遊女は覚悟なく踏み込めば障りがあることを知らしめてくる…「八朔日の花嫁」

    ほか、人智を越えた神とあやかしの世界。
    神域に触れる禁忌の実話怪談!

    価格

    748(税込)

    680円 (+消費税68円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「現代雨月物語 物忌異談」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報