ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • BOOK☆WALKER11周年キャンペーン
マンガ

浮浪雲(はぐれぐも)(47)

あらすじ・内容

激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

▼第1話/さがしもの▼第2話/かぜにおう▼第3話/一幕芝居▼第4話/休火山▼第5話/御中元▼第6話/天までとどけ▼第7話/気配り商人▼第8話/恋慕其の壱▼第9話/恋慕其の弐▼第10話/恋慕其の参▼第11話/恋慕其の四 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/机の上に置いておいたはずの筆箱が無いと大騒ぎの新之助は、ムシャクシャするからと物に当たったり妹を泣かしたり……。筆箱のことを浮浪雲に話すと、雲はその筆箱はあんたの心の中にあると言う。なんのことやらわからなかった新之助であったが……(第1話)。▼青田師範に、お前は人の短所ばかり見るからだめなんだと言われた新之助。しかし雲は、あんまり人の長所を探さないほうがいいんじゃないかと言う(第2話)。▼店の者や近所の人から人格者として尊敬されている番頭さん。店員がねこばばをしても、妻が掃除をしなくても、決して怒ることなく優しく笑顔でいたのだが、ある日とうとう……(第4話)。

電子書籍 完結 コイン
価格

605(税込)

550円 (+消費税55円)

付与コイン

12/8 (水) 09:59まで

302(*詳細)

作品情報

シリーズ
浮浪雲(はぐれぐも)(ビッグコミックス)
著者
レーベル
ビッグコミックス
出版社
小学館
カテゴリ
マンガ
ページ概数
223
配信開始日
2021/5/21
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

マンガ 浮浪雲(はぐれぐも)(112)

著: ジョージ秋山

連載44年、全1039話。堂々完結。

44年にわたり描かれてきた1039話の物語…
そして、その中に散りばめられた言葉に、
一体どれだけの人間が揺り動かされてきたのだろうか?
漫画家・ジョージ秋山と主人公・浮浪雲の長い長い旅が終わる。
一日中、働き通しの母・かめさんの姿を見て、新之助とお花が感じたものは…『母様の日々』
浮浪雲と付き合いがあった女たちに取材する「よみうり屋」。彼女たちの<浮浪雲評>は…『さよなら』
突然、姿を消した浮浪雲。一体どこへ? 様々な憶測が飛び交うが…最終話『神隠し』他、全9編収録。

コイン12/8 (水) 09:59まで

価格

605(税込)

550円 (+消費税55円)

「浮浪雲(はぐれぐも)(ビッグコミックス)」シリーズ作品一覧(全112冊)

605(税込)

  • マンガ 浮浪雲(はぐれぐも)(1)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/宿場女郎▼第2話/戸塚ッ原の対決▼第3話/木曽路から来た男▼第4話/品川慕情▼第5話/街道工事不正事件▼第6話/くりからもんもん▼第7話/幽霊駕篭▼第8話/黒の舟唄▼第9話/風流トンヤレ節 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/「3年経ったら迎えに来る」と言い残し、京へ発った男を信じて待つ遊女。約束当日に現われた男には追っ手が……。けなげな遊女のために浮浪雲が一肌脱ぐ!(第1話)。▼街道一の親分、清水次郎長とその一家が品川宿にやってきた。やりたい放題の次郎長に品川一の春秋親分は、このままでは面目が立たないと、次郎長に喧嘩状を送りつける。それを知った雲は……(第2話)。▼客の女をてごめにした問屋場の新入り、鮫造。それを苦にした女は自殺。しかし反省の色もない鮫造に雲は……。雲の妻カメ、息子の新之助登場!!(第3話)。▼借金を返すために旅籠で働くお美代。問屋場の文次は、お美代と一緒になろうと仕事に精を出す。しかし、お美代に関しての良くない噂を聞かされた純情な文次は……(第4話)。 ●その他の登場キャラクター/清水次郎長(第2話)

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    605(税込)

    550円 (+消費税55円)

  • マンガ 浮浪雲(はぐれぐも)(2)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/謎の浮遊物体▼第2話/恋のぼり▼第3話/ふんだるだるま▼第4話/夫婦春秋▼第5話/新選組不始末記▼第6話/雲に惚れた女▼第7話/夕映えに嘶く▼第8話/刺客が来たよ▼第9話/水に映る太陽 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/人心観破術なるものに凝りはじめた浮浪雲。会う人会う人に顔相や手相、はたまた夢占いまで持ち出し、講釈をしては喜んでいるのだが、果たして雲自身の相は……(第1話)。▼どうやら恋をしたらしい新之助。息子、新之助の恋に一役買って出ようと父、雲は……(第2話)。▼大奥の女から、ある内密の仕事を頼まれた雲たちは江戸城大奥へと潜入することになった。秘策を用い、仕事はうまくいったように見えたのだが……(第3話)。 ●本巻の特徴/遊び好きの雲だが、おカメに子供ができたと聞かされるや否や帳場に座ってみたり洗濯をしてみたり……(第4話)。遊びとは一線を画した、妻を愛する雲の心が窺える。 ●その他の登場キャラクター/新選組・沖田総司(第5話)

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    605(税込)

    550円 (+消費税55円)

  • マンガ 浮浪雲(はぐれぐも)(3)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話人生に勝つ▼第2話/三道楽煩悩▼第3話/旅がらす▼第4話/天然理心流▼第5話/医は算術なり▼第6話/手弱女振り▼第7話/反抗期▼第8話/生きるのがへたな男▼第9話/舞酔坂(まよいざか)▼第10話/死すとも帰らず ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/将棋が生甲斐だという勝負師、黒兵衛に、あなたの生甲斐は何かと尋ねられた浮浪雲は「ありません」と、きっぱりと答える(第1話)。▼陰間茶屋の若衆に惚れられてしまった雲。しつこく追いかけ回してくる若衆に、夜な夜な遊び歩いている遊び人の雲も困り果てた様子。逃げ切れるか!?(第2話)。▼雨の中、病気の旅人を助けたカメ。そこへ偶然通り掛かった雲は、これを見て浮気の現場と勘違い。一方、何も知らないカメは、旅人を家に入れ看病をするが、訳ありの旅人には追っ手が迫っていた(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/坂本竜馬(第10話)

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    605(税込)

    550円 (+消費税55円)

  • マンガ 浮浪雲(はぐれぐも)(4)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/意気に感ず▼第2話/梅干しの好きな女▼第3話/愛さずにはいられない▼第4話/流れ星をみつめて▼第5話/一根不浄▼第6話/橋の下で▼第7話/火の酒▼第8話/親子探索▼第9話/意外や!白頭巾▼第10話/大弱点 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/武術においても学問においても秀でた才能を持った天才少年、竜之助。新之助は、いくら努力をしてもこの竜之助にかなわない。竜之助は、無能な人間はいくら努力をしても獅子にはなれないと言い放つのだが……(第1話)。▼遊びに出た先で浮浪雲は、梅干し好きの年増の芸者に出会う。暗い過去を持った彼女は「いいことなんて絶対に無い」と、ぽつりとつぶやく(第2話)。 ●本巻の特徴/普段何があっても動じず、涼しい顔をしている雲だが、息子、新之助の病気に真剣な表情を見せる。父親としての雲が描かれた一編(第10話)。 ●その他の登場キャラクター/岡田以蔵(第5話) ●その他のデータ/登場人物紹介、巻末解説「『浮浪雲』における登場人物の研究」副田義也

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    605(税込)

    550円 (+消費税55円)

  • マンガ 浮浪雲(はぐれぐも)(5)

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/少年挽歌▼第2話/ある落日▼第3話/金権魔者▼第4話/男意気▼第5話/童歌が聞こえる▼第6話/馬酔木(あしび)▼第7話/極楽蜻蛉▼第8話/振駄無(フリーダム)▼第9話/忍辱衣(にんにくごろも)▼第10話/恐怖の爪 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/友達が新之助に紹介してくれた女の子は、以前から新之助が気にかけていた女の子だった。心の中にムラムラとわきあがる、「女」に対する気持ちを抑え、プラトニックなデートを重ねる新之助。確かに、新之介は「いい人」ではあったのだが……(第1話)。▼「人生楽あれば苦ありですよ」と、欲次郎に言われた浮浪雲。今が楽しければいいと、毎日ぶらぶらしているが、このままだと数十年後には誰にも相手にされない、孤独で哀しい生活が待っている!?(第2話)。▼人殺しの現場を目撃してしまった新之助は、犯人の男から命を狙われてしまう。危ういところで新之助を助け、下手人を捕えた雲。しかし、犯人のバックには、強大な権力を持った藤原検校という男がついていた……(第3話)。 ●その他のデータ/坂本竜馬死す(第7話)

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    605(税込)

    550円 (+消費税55円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

302コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コインUPキャンペーン

    55%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「浮浪雲(はぐれぐも)(47)」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報