ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 講談社ライトノベル・新文芸作品 コイン50%還元キャンペーン
実用

現代宗教と政治

著者
村上重良

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

民主主義に立脚した前向きの政教関係を設定することは、重要な国民的課題であるにもかかわらず、数年来の事態は、靖国神社国営化を突破口とする国家神道復活運動の激化、宗教団体と自由民主党およぴ民社党の癒着、宗教団体との事実上の一体性を保持しつづけている公明党の党勢拡大、創価学会と日本共産党による合意協定の締結等、政教分離を脅やかす危機的状況を深めつつある。現代の日本社会における宗教と政治の問題は、緊急で重要な実践的課題でありながら、その理論的解明が、なお大きく立ち遅れていることは否定できない。本書が、この空白を克服するために、いささかでも役立つことができれば、著者としてこのうえない喜ぴである。
 なお本書に収めた論稿のほとんどは、近年に発表した論文に加筆訂正を加えたもの(中略)である。
目次
序 論――現代日本の宗教と政治
I 近代天皇制と宗教
 一 国家神道
  1 国家神道の確立
  2 国家神道の制度と思想
  3 天皇制ファシズムと国家神道
 二 宗教弾圧の系譜
 三 治安維持法下の宗教
  1 第二次大本教事件
  2 第二次ほんみち事件
  3 創価教育学会事件
Ⅱ 戦後民主主義と宗教
 一 民主化と宗教
  1 信教の自由
  2 民主化と教団再編成
  3 新宗教の進出
  4 反動勢力と宗教平和運動
 二 高度成長期の宗教
  1 国家神道復活の動き
  2 安保体制と宗教
  3 創価学会の政治進出
Ⅲ 現代日本の宗教問題
 一 国家神道の復活
  1 伊勢神宮神体の復権
  2 靖国神社法の本質
 二 宗教団体と政党
Ⅳ 信教の自由と政教分離―日本とヨーロッパ
 一 宗教から見た日本とヨーロッパ
  1 現代日本の宗教問題
  2 北欧と中欧――社会主義国、新教国、政教分離国
  3 南欧――カトリック国、ギリシア正教国
 二 ソ連における信教の自由
あとがき

電子書籍
価格

1,100(税込)

1,000円 (+消費税100円)

付与コイン
10(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
――
出版社
一般財団法人東京大学出版会
カテゴリ
実用
ページ概数
219
配信開始日
2021/11/12
底本発行日
1978/6
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

付与コインの内訳

10コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「現代宗教と政治」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報