セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

絶対やってはいけない! 負ける面接100

絶対やってはいけない! 負ける面接100-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

常見陽平
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
マガジンハウス
配信開始日
2015年12月11日
ページ概数
230 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。●内容紹介就活に勝つための面接術は個人のキャラクターによるところも多く、明快にこれだという答えは出しづらいが、これとは逆に負ける面接術はいくつかのパターンに分類できる。 本書は、内定請負人の異名をとる就職ジャーナリストの常見陽平氏が、大学生の就職指導と自身の採用担当としての経験から導き出した「負ける面接術」。つまり、就活のプロが「こんなことしたら、絶対無い内定」と太鼓判を押す、真逆の面接術である。年間7000人の就活生に接している著者が、負け続ける面接のバカヤローたちに共通するルールを100選び出した。●著者紹介常見陽平(つねみようへい) 就職ジャーナリスト。株式会社リクルートをへて大手メーカーの採用担当となり、その後株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加、現在に至っている。2010年度より実践女子大学非常勤講師に就任、新たに導入されたキャリア教育科目を担当する。主な著書に『就活のバカヤロー』(石渡嶺司との共著)『就活格差』『就職難民にならないための大学生活30のルール』など。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1104 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
男が知りたい女のからだ なかなか聞...

860円(+税)

河野美香

ブルーバックス

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2016年12月12日号No...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アメリカの小学校教科書ドリルでおも...

398円(+税)

松浦庸夫

impress QuickBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
CLASSY.(クラッシィ) 20...

556円(+税)

CLASSY.編集部

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
1分間「英会話」BOOK ――1日...

400円(+税)

晴山陽一

impress QuickBooks

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
絶対やってはいけない! 負ける面接...

1111円(+税)

常見陽平

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1111円 (+税)
1200円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら333コイン(※)
11 + 322コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
811 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです