セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

極悪(2) 修羅場編

極悪(2) 修羅場編-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
広山義慶
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
極悪
出版社名
アドレナライズ
配信開始日
2015年11月13日
ページ概数
460 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

金になるなら危険は厭わずの悪党探偵に一億円の依頼!? 組長の失踪した娘を探せ!

 石津研次はハイエナと呼ばれる悪党私立探偵。腕は一流で、金になる仕事しか引き受けない。その石津に成功報酬一億円の依頼がきた。行方不明になった暴力団沖田組組長の一人娘を探して欲しいというのだ。捜索を始めた石津は、最近沖田組が株の仕手戦で百億儲けたという情報を入手。その金に絡む政財界の裏取引に手掛かりがあると睨むが…。長篇官能バイオレンス第2弾。

●広山義慶(ひろやま・よしのり)
1935年大阪生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。児童文学、翻訳、TVドラマの脚本家を経て、1983年『夏回帰線』でデビュー。『女喰い』シリーズ(祥伝社)、『無法戦士・雷神』シリーズ(光文社)などハード・バイオレンスを中心に著書多数。

「極悪」シリーズ ( 4 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
極悪(1) 成り上がり編

450円(+税)

広山義慶

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
極悪(2) 修羅場編

450円(+税)

広山義慶

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
極悪(3) ゆさぶり編

450円(+税)

広山義慶

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
極悪(4) 悪党対決編

450円(+税)

広山義慶

――

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
秘命捜査人(ハンター・コップ)~無...

日本国内のみ販売

広山義慶

光文社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
女喰い・志津馬の獲物

450円(+税)

広山義慶

祥伝社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
女喰い 志津馬、勃つ

450円(+税)

広山義慶

祥伝社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
女喰い・対決編

490円(+税)

広山義慶

祥伝社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
情報捜査員・尾形一刀(2) 黒の謀...

450円(+税)

広山義慶

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
女喰い・秘術編

470円(+税)

広山義慶

祥伝社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
波の殺意

500円(+税)

広山義慶

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
裏切り

500円(+税)

広山義慶

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
極悪(2) 修羅場編

450円(+税)

広山義慶

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
450円 (+税)
486円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら134コイン(※)
4 + 130コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
150 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです