セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!

辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
小山昇
ジャンル
実用
レーベル
――
シリーズ
辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!
出版社名
あさ出版
配信開始日
2016年08月20日
ページ概数
222 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

小さな会社は、いい人が来ない、育たないは大間違い!
大学3年生やその親、転職活動中の人には、知られたくない採用のノウハウを初公開!

●「4年で35人を採用して辞めたのは1人!」

●「社員5人の地方の会社が国立大・有名私大卒を5人採用!」

●「入社9カ月で課長に昇進!」

……24社の事例とともに、社員の定着率を上げ、即戦力になるための、
採用、育成の仕組みをあますところなく解説します。

社長!人材こそ最大の差別化の手段です!


◆著者のコメント
本音を明かせば、当初、この本の執筆にあたってためらいがありました。
本書は中小企業の社長や人事担当者向けに作っています。

本書が人に悩む中小企業のお役に立つこと、そして社長が秘密を学生に漏らさぬことを切に願っています。


■目次
●序章 どうして中小企業は人に困るのか?
●第1章 優秀な人材は、会社をダメにする!
●第2章 失敗しない採用で、会社は強くなる
●第3章 新卒に「ここで働きたい」と言わせる採用活動
●第4章 即戦力! 中途採用はここに注意せよ
●第5章 社員を育てない会社に未来はない
●第6章 社員が辞めたくならない仕組みを作る

◆著者 小山昇

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1105 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
連合艦隊の使い方

680円(+税)

横須賀歴史研究室

漫画でわかる

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
知っておきたい結び方の教科書

480円(+税)

『知っておきたい結び方の教科書』製作委員

サクラBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2016年12月19日号No...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アメリカの小学校教科書ドリルでおも...

398円(+税)

松浦庸夫

impress QuickBooks

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
1分間「英会話」BOOK ――1日...

400円(+税)

晴山陽一

impress QuickBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
家電批評 2017年 01月号

630円(+税)

家電批評編集部

家電批評

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
辞めない採用、即戦力の育成で儲かる...

999円(+税)

小山昇

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
999円 (+税)
1079円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら298コイン(※)
9 + 289コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
699 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです