セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

貴公子と秘密のラブレター

貴公子と秘密のラブレター-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
エリザベス・ボイル
翻訳者
楡木菜々
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
MIRA文庫
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2016年05月19日
ページ概数
392 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

結ばれてはいけない相手とも知らず、二人は手紙で愛を育み……。E・ボイル最新刊! 『公爵の愛しのシンデレラ』関連作。

“当方、良識ある資産家の紳士。手紙の交換を通じてのち結婚を希望”――最近婚約した親友のように自分もすてきな恋がしたいと、令嬢ダフニはその花嫁募集の広告に思い切って手紙を出した。謎の男性は紳士的でユーモアがあり、一カ月ほど文通を続けるうちに、ダフニはまだ見ぬ彼にどんどん惹かれていく。そしてついに舞踏会の夜に会う約束を交わし、迎えた当日。近づいてきたのは誰もが振り返るほど見目麗しい紳士だった。この人が手紙の主だわ……そう確信したのも束の間、彼の名前を知るや、胸高鳴らせていたダフニは凍りついた。■実力派E・ボイルが19世紀英国を舞台に描く、『公爵の愛しのシンデレラ』に続く人気シリーズ第2弾。今回の主人公は、前作ヒーローの叔父ヘンリーと、前作ヒロインの親友ダフニ。親友の恋を見守るうち、自分も愛を見つけたくなったダフニは名前を変え、ひそかに新聞の花嫁募集広告に応募します。一方、甥のいたずらで花嫁募集を載せられ、手紙が殺到して怒り心頭のヘンリー卿。ふと目にしたダフニの手紙に心惹かれ、手紙の交換が始まります。しかしそこには問題が。どちらも名前を変えているため、相手が長年敵対しあう一族の人間だと知らないのです。絡まる糸はさらにもつれ……二人の恋にどんな結末が待ち受けているのか。今回も一気読み必至! 魅惑のラブストーリーをお楽しみください。

これもおすすめ! ( / )

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
理想の妻のたくらみは 前編マンガ

600円(+税)

中村地里/エリザベス・ボイル

ハーモニィコミックス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公爵の愛しのシンデレラ

800円(+税)

エリザベス・ボイル/富永佐知子

MIRA文庫

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
理想の妻のたくらみは 後編マンガ

600円(+税)

中村地里/エリザベス・ボイル

ハーモニィコミックス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
没落予定なので、鍛冶職人を目指す ...

1200円(+税)

CK/かわく

カドカワBOOKS

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ノベライズ この世界の片隅に

322円(+税) (02/28まで)

こうの史代/蒔田陽平

双葉文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
紅霞後宮物語 第三幕

580円(+税)

雪村花菜/桐矢 隆

富士見L文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
紅霞後宮物語 第四幕

600円(+税)

雪村花菜/桐矢 隆

富士見L文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Trinitasシリーズ ドリーム...

1110円(+税)

愛山雄町/電柱棒

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
貴公子と秘密のラブレター

800円(+税)

エリザベス・ボイル/楡木菜々

MIRA文庫

価格
800円 (+税)
864円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:8コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
500 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです