ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • ニコニコカドカワ祭り2018(後半)
はじめてのお客さまへ
電子書籍(ラノベ)

【電子限定日本語版・台湾BL】示見の眼 第五巻:夜が帳を下ろす頃

価格
1018円 1,018 (+税)
獲得コイン
10 コイン

獲得コイン10コインの内訳

通常購入分
10コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

「ロスト・コントロール~虚無仮説~」で日本デビューした蒔舞先生の代表作、台湾の人気微ホモBLノベル「示見の眼」シリーズ。第一部完となる第五巻をお届けします。

春秋とも槐愔とも違う、僕の道を僕は行くよ

杜槐愔(ドウ・フアイイン)の自宅が爆破されてから数日、いまだにあの世逝きを承知しない槐愔の従妹の少女亭亭(ティンティン)を何とか説得しようとする陸以洋(ルー・イーヤン)。
そんな以洋の前に、執行人少女が呼び出した執行人の元締め「夜(イエ)」が姿を現す。首なし女こと小宛(シアオワン)をナンパしてデートしたりするこのフレンドリーな執行人の目的はいったい?
槐愔と夏春秋(シア・チュンチウ)の出生の秘密がついに明かされたり、韓耀廷(ハン・ヤオティン)宅での槐愔の姐さんな日常が垣間見えたり、更に我らが主人公、以洋の恋路も大幅進展。

2018年10月10日雙十節に発売!
今回も蒔舞先生による書下ろし後書き収録。更に今回は第一部完結を記念して、蒔舞先生他豪華キャストによるスペシャルインタビューを決行!

※サンプル版は第一章のみを抜粋しております。

プロジェクト・たいわにっく~有臺灣味計劃~

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「【電子限定日本語版・台湾BL】示見の眼 第五巻:夜が帳を下ろす頃」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
293

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2018/10/11
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「示見の眼」シリーズ作品一覧(5冊)

1,018(+税)

示見の眼のシリーズ詳細ページへ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面