ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

紅霞後宮物語 第十一幕

著者
雪村花菜
イラスト
桐矢 隆
4.3 レビューを見る

あらすじ・内容

仙娥、懐妊。さらに文林と小玉の仲に、亀裂が入る――!

仙娥の懐妊が分かり、後宮は慌ただしい雰囲気に包まれる。そんな中、紅霞宮は小玉はじめ女官たちも謎の体調不良で療養地に赴くことに。しかし距離が離れている間、確実に小玉と文林の間の溝は深まっていき――。

電子書籍 めがイラスト
価格

660(税込)

600円 (+消費税60円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
紅霞後宮物語(富士見L文庫)
著者
レーベル
富士見L文庫
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
219
配信開始日
2020/6/13
底本発行日
2020/6/15
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 紅霞後宮物語 中幕 愛しき黄昏【電子特典付き】

著者: 雪村花菜

「紅霞後宮物語」の名脇役たちにも唯一無二の人生があった。

 死を目前にした賢恭の病床に現れた清喜は、彼と過去を語り合う。
 清喜は幼い頃の自分は根暗だったと言い……。(「清喜と賢恭」)

 後宮の重鎮、梅花と麗丹の初対面は険悪なものだった。梅花の知られざる過去も明らかになる。(「梅花と麗丹」)

 さらに後宮を出た後の小玉のもとに、あの人が尋ねてくる。そして迎えた本当の結末とは――。

 大人気シリーズ「紅霞後宮物語」名脇役たちの物語と最高の幕引きを含む、珠玉の短編集。

【電子特典付き】巻末に『流蘇の花の物語 銀の秘めごと帳』試し読み付き!

価格

726(税込)

660円 (+消費税66円)

「紅霞後宮物語(富士見L文庫)」シリーズ作品一覧(全21冊)

638円〜726(税込)

おすすめ特集

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「紅霞後宮物語 第十一幕」評価・レビュー

評価

4.3

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報