セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

これならわかる<スッキリ図解>介護保険 第2版

これならわかる<スッキリ図解>介護保険 第2版-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

高野龍昭
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
翔泳社
配信開始日
2016年04月19日
ページ概数
417 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

「2025年問題」まで残り10年!
2015年春、介護保険制度の抜本改革が始まる。難しい制度改正が本書でスッキリわかる!
「2025年問題」とは、この年に団塊世代がみな75歳以上となり、要介護者の数がよりいっそう拡大すると予測されている問題のことです。
この2025年まで、あと残り10年。国はこの問題に対応するべく、介護保険制度の抜本改革に乗り出しました。その大きな改正が2015年4月に施行されます。
“わかりやすい”と大好評の「スッキリ図解」シリーズでは、難解な介護保険制度と、その2015年の改正について、できるだけわかりやすく解説します。
◆冒頭のカラーページで、改正の全体像がわかる!
◆1つの項目を2ページ見開きで解説。図解も沢山。なのでわかりやすい!
◆平易な表現で解説しているので、スラスラ読める!
◆2015年2月公表の介護報酬情報にも対応!
読者対象は…
仕事で介護保険について知っておくべき方。
ケアマネさんをはじめとして、介護福祉士、ヘルパーさん、介護事業者、医療関係者などの現場の方、介護職の資格を取ろうとしている方、自治体福祉関係者、士業、福祉用具会社やシステム会社など関連会社で営業、各種開発に関わる方。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(C)高野龍昭/翔泳社

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1115 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年3月10日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
深愛

542円(+税)

水樹奈々

幻冬舎文庫

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ミステリーの書き方

874円(+税)

日本推理作家協会

幻冬舎文庫

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゲームラボ 2017年 3月号

778円(+税)

ゲームラボ編集部

――

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
父・金正日と私 金正男独占告白

463円(+税) (02/28まで)

五味洋治

文春文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
これならわかる<スッキリ図解>介護...

1400円(+税)

高野龍昭

――

価格
1400円 (+税)
1512円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:14コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1100 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ランキング

    日間

    ページ先頭へ

    本文の終わりです