セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

THE ROSWELL 封印された異星人の遺言【上下合本版】

THE ROSWELL 封印された異星人の遺言【上下合本版】-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

ボイド・モリソン
ジャンル
文芸
レーベル
竹書房文庫
出版社名
竹書房
配信開始日
2015年09月11日
ページ概数
596 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

1908年のツングースカ大爆発から10年後、荒涼としたロシアの地でイワン・ドムブロフスキーは男を追っていた。凄絶な追跡劇の末、ついに彼はある物を入手する……。 そして、現在。タイラー・ロックと相棒グラントは、ニュージーランドの老婦人フェイを訪ねるも、怪しい二人組から襲撃されてしまう。驚いたことに、彼女は1947年に米国のロズウェルで宇宙人に遭遇し、不思議な遺物を受け取ったと話す。真相解明のため豪州に渡った彼らは、謎のロシア人たちによる爆弾テロ計画に巻き込まれる。 やがて、フェイの遺物と敵が狙う米の秘密兵器“キルスイッチ”をつなぐ真実が、タイラーをイースター島に向かわせることに――。 〈シグマフォース〉のジェームズ・ロリンズ大絶賛! 全米を襲うテロの危機! その背後にあったのは、1947年のUFO墜落事件――通称〈ロズウェル事件〉だった!
※本電子書籍は「THE ROSWELL 封印された異星人の遺言 上」「THE ROSWELL 封印された異星人の遺言 下」を1冊にまとめた合本版です。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE ROSWELL 封印された...

700円(+税)

ボイド・モリソン

竹書房文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE ARK 失われたノアの方舟...

667円(+税)

ボイド・モリソン/阿部清美

竹書房文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE MIDAS CODE 呪わ...

700円(+税)

ボイド・モリソン/阿部清美

竹書房文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE MIDAS CODE 呪わ...

1400円(+税)

ボイド・モリソン/阿部清美

竹書房文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE ROSWELL 封印された...

700円(+税)

ボイド・モリソン

竹書房文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE NESSIE ザ・ネッシー...

800円(+税)

ボイド・モリソン

竹書房文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
水中襲撃ドローン〈ピラニア〉を追え...

600円(+税)

クライブ・カッスラー/ボイド・モリソン/伏見威蕃

扶桑社BOOKSミステリー

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE ARK 失われたノアの方舟...

667円(+税)

ボイド・モリソン/阿部清美

竹書房文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
THE ROSWELL 封印された...

1400円(+税)

ボイド・モリソン

竹書房文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1400円 (+税)
1512円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら420コイン(※)
14 + 406コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1100 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです