セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

『大寒』だけど寒さに負けるな!コイン最大45倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

釣り後釣り

釣り後釣り-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
夢枕獏
ジャンル
文芸
エッセイ
レーベル
――
出版社名
クリーク・アンド・リバー社
配信開始日
2015年06月10日
ページ概数
118 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

釣りと自然をこよなく愛する筆者の思いがいっぱい伝わってくる、仕事と釣りをユーモラスに綴ったエッセイ集です。

釣りと自然をこよなく愛する筆者の思いがいっぱい伝わってくる、仕事と釣りをユーモラスに綴ったエッセイ集です。釣りに人を案内する、あるいは人に釣り場に案内していただく、たったそれだけのことなのだが、その中には実に様々な心のディテールがひそんでいる。大きな魚がいっぱい釣れれば、ディテールなんぞはくそくらえ、どうでもいいの。しかし、魚が釣れないとなると、人はたちまち、苦悩する純文学者となってしまうのである。溜息を幾つももらしてしまうのである。その時、案内した人、案内された人の心は、おおむね次のような想いに支配されている。 (1)案内した人は、案内された人のために、どうかどうか、一刻も早く、せめて一尾お魚が釣れてくれないかと神様に祈っている。 (2)案内された人は、案内してくれた人のために、一刻も早く第一尾目を釣りあげたいと、切実に願っている。(本書より)

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
東天の獅子 第三巻 天の巻・嘉納流...

510円(+税)

夢枕獏

双葉文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
エヴェレスト 神々の山嶺 電子特別...

2100円(+税)

夢枕獏

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
黄金宮1 勃起仏編

500円(+税)

夢枕獏

講談社文庫

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱マンガ

620円(+税)

夢枕獏/大西実生子

カドカワデジタルコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
神々の山嶺 2マンガ

556円(+税)

夢枕獏/谷口ジロー

ヤングジャンプコミックスDIGITAL

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
仕事師たちの哀歌

450円(+税)

夢枕獏

集英社文庫

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
神々の山嶺 1マンガ

556円(+税)

夢枕獏/谷口ジロー

ヤングジャンプコミックスDIGITAL

マンガ

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
ヤングマガジン サード 2014年...マンガ

0円(+税)

イナベカズ/大清水さち/ヤス/とみすず/麦盛なぎ/茂木清香/青木優/三島衛里子/ペトス/夢枕獏/雨依新空/鈴木小波/武東宗哉/朝霧カフカ/烏羽雨/毛魂一直線/森田和彦/時宗孝輔/iwaki/柊裕一/至道流星/荒木宰/まごまご/えだお/Chihaya/Koma/ハナムラ/まごまご

ヤングマガジン サード

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
釣り後釣り

300円(+税)

夢枕獏

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
300円 (+税)
324円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら60コイン(※)
3 + 57コインUP
2017/01/23 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
0 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです