セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

無戸籍の日本人

無戸籍の日本人-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
井戸まさえ
ジャンル
文芸
レーベル
集英社学芸単行本
出版社名
集英社
配信開始日
2016年05月13日
ページ概数
360 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

【現代の日本に、戸籍を持たない人が1万人以上いることを知っていますか?】何らかの理由で出生届が出されず、存在が行政に登録されないまま、もしくは把握されないまま「無戸籍」で生きている人たち。それが「無戸籍者」です。なぜ、無戸籍になってしまうのか? なぜ、無戸籍者は生まれ続けるのか? なぜ、この状況が解消されないのか? 自らの子供も法の規定により無戸籍となった経験を持ち、それ以来13年にわたって無戸籍者とその家族たちを支援しつづけてきた著者だからこそ書くことができた無戸籍者たちが生きてきた厳しい状況と 無戸籍者が生まれ続けてしまう原因と問題の背景を深く掘り下げたノンフィクション作品、それが本書です。著者もスタッフとして加わり、無戸籍者たちのリアルな姿が広く世に知られるきっかけとして大きな反響を呼んだ NHK『クローズアップ現代』《戸籍のない子どもたち》は、2015年「貧困ジャーナリズム大賞」を受賞しました。本書では、番組では紹介できなかった無戸籍者たちの思いや番組放送後に無戸籍者それぞれにおきた状況変化についてもくわしく書いています。無戸籍問題が起きる要因とも関連があり100年以上改正されないままになっている民法の離婚後再婚期間については、先日、最高裁判所が違憲判決を出しましたが、無戸籍問題の根本的な解決には、まだまだ超えなくてはいけない多くのハードルがあります。「貧困」「虐待」「いじめ」「所在不明児」「少年犯罪」…子どもをめぐるさまざまな問題にもかかわる無戸籍問題。解決への道は、何よりもまず、現実を知ることからはじまるのです。

これもおすすめ! ( / )

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
子どもの教養の育て方

1120円(+税)

佐藤優/井戸まさえ

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小学校社会科の教科書で、政治の基礎...

800円(+税)

佐藤優/井戸まさえ

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
異世界でスキルを解体したらチートな...

1200円(+税)

千月さかき/東西

カドカワBOOKS

オトク!!

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
φは壊れたね PATH CONNE...

93円(+税) (05/31まで)

森博嗣

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
陛下と殿方と公爵令嬢

600円(+税)

火崎勇/周防佑未

講談社X文庫ホワイトハート

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子...

650円(+税)

三上延

メディアワークス文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
イミテーション・ガールズ(3)

100円(+税) (05/31まで)

わかつきひかる

ゴマブックスノベル

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
図書館の魔女 第一巻

680円(+税)

高田大介

講談社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
無戸籍の日本人

1360円(+税)

井戸まさえ

集英社学芸単行本

価格
1360円 (+税)
1469円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:13コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1060 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです