セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

GWCP ゴールデンウィークキャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

【カラー版】ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論

【カラー版】ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
ヤマザキマリ
ジャンル
新書
レーベル
集英社新書
出版社名
集英社
配信開始日
2016年02月19日
ページ概数
239 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

大ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリを、ただ古代ローマと風呂が好きなだけの漫画家だと思ったら大間違い。実は17歳で単身イタリアに渡り国立美術学校で美術史と油絵を学んだ筋金入りの美術専門家なのだ。そんな彼女が初の美術論のテーマに選んだのは、偏愛する「ルネサンス」。しかしそこは漫画家。あの大巨匠も彼女にかかれば「好色坊主」「筋肉フェチ」「人嫌い」と抱腹絶倒のキャラクターに大変身。正統派の美術論ながら、「変人」をキーワードにルネサンスを楽しく解読する、ヤマザキ流芸術家列伝! 電子版は、紙の書籍でモノクロにて収録されていた、美術作品の画像もカラーで収録! ルネサンスの美術作品を、カラーでお楽しみください。【目次】はじめに/第1章 フィリッポ・リッピとボッティチェリ――ルネサンスを爛熟に導いた二人/第2章 愛しのラファエロ、ミケランジェロ、レオナルド――秀抜した「変人」としてのルネサンス三大巨匠論/第3章 型破りで魅力的な各地の「変人」画家たち――シチリア、ヴェネツィア、北方の絵画/第4章 王様から小説家まで ルネサンスの礎となった「変人」――わが敬愛するルネサンス人たち/第5章 あらためて、「ルネサンス」とは?――多様性と寛容さが世界を救う

これもおすすめ! ( / )

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
副業のススメ―週刊東洋経済eビジネ...

140円(+税) (05/11まで)

週刊東洋経済編集部

週刊東洋経済eビジネス新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
コミュニケーションは、要らない

578円(+税) (05/05まで)

押井守

幻冬舎新書

オトク!!

コインUP

新書

  • Check!
  • カートに入れる
数学的思考法 説明力を鍛えるヒント

420円(+税) (05/04まで)

芳沢光雄

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
韓国人による北韓論

650円(+税)

シンシアリー

扶桑社BOOKS新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
儒教に支配された中国人と韓国人の悲...

700円(+税)

ケント・ギルバート

講談社+α新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
フィリピンパブ嬢の社会学

780円(+税)

中島弘象

新潮新書

コインUP

新書

  • Check!
  • カートに入れる
ウルトラマンが泣いている 円谷プロ...

600円(+税)

円谷英明

講談社現代新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
英語学習の極意

731円(+税)

泉幸男

文春新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
【カラー版】ヤマザキマリの偏愛ルネ...

600円(+税)

ヤマザキマリ

集英社新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら150コイン(※)
6 + 144コインUP
2017/05/01 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです