ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

最後のペイシェンス

著者
野浦湘
イラスト
たん
価格
370円 370 (+税)
獲得コイン
3 コイン

獲得コイン3コインの内訳

通常購入分
3コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
俊成学院高等部の付属寮に伝わる怪談のひとつ、〈いないはずの寮生〉。その名の通り、違和感なく極めて自然に存在しながらも、本来であれば決しているはずのない謎の寮生──。

この春から俊成学院に通っている七人の一年、辰野千穂、保谷平太郎、間宮善子、江留間利人、盛田実、初瀬理宇、観音崎依織は夏休み、盆で寮が閉鎖される前夜に集まって打ち上げを行うことにした。

その中で寮に伝わる七不思議の一つ、〈いないはずの寮生〉の話題になる。実は保谷平太郎はそれについて調査中、何者かに警告されたというのだ。
当初は誰も深く考えてはいなかったが、その翌日、平太郎が行方不明になる。しかも他の者は彼の存在そのものを一時的にだが失念していたのだ。
更には自分たちがその〈いないはずの寮生〉に自覚がないまま遭遇していたこともわかってきた。相手はどうやら人間の認識を操作できる存在──その事実に一同は驚愕する。

そんな中、残りの六人は正体不明の存在から、翌朝の夜明けまでに平太郎を捜す〈ゲーム〉を提案されるのだが……。

──「学園青春ライトホラーファンタジー」を意識したライト文芸寄りの作品です。
本編の前半約40%(4万字以上)を収録した体験版も用意してあります。試し読みを希望される方はそちらのダウンロードも検討してください。
(「創作同人2017年11月」参加作品)

※改訂履歴
2018年01月19日 第2版:巻頭および本文中に寮の見取図を追加

(C) SHOW NORA

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有
  • BWインディーズ 著者センター

「最後のペイシェンス」の作品情報

レーベル
出版社
著者
配信開始日
2017/11/3
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「最後のペイシェンス」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面