ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

本日、応援日和

著者
和良拓馬
価格
200円 200 (+税)
獲得コイン
2 コイン

獲得コイン2コインの内訳

通常購入分
2コイン
コインUPキャンペーン分
+0コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

応援していると、不思議な力が湧いてくる

透明人間になれる女子高生。そんな彼女が、競馬場で買った初めての馬券は… 「マーブルケーキ」。
健気さに、ついつい惹かれてしまうのだ。女子アスリートにまつわる3本のショート・スポーツエッセイ「娘の成長」。
月曜日の明治神宮野球場。故に、あの親子はなぜ野球を観ているのだろう? 「月曜日のコントローラー」。
マラソンで窮地に陥るエリートサラリーマン。その時、彼の耳に奇妙な声援が入ってきた「ファイト!」。

応援すると、そして、応援されると、僕らは強くなれるのか?
スタジアムで繰り広げられる、プレーヤーとオーディエンスとの絶妙な共犯関係。著者初の短編小説を含む、6つの力作がここに揃いました。
気鋭のインディ・スポーツライターが描く「ファンタジー×スポーツ」の合わせ技。新しいスポーツの世界観をとことんお楽しみ下さい!

【著者について】和良 拓馬(わら たくま)1988年3月生まれ、神奈川県横浜市出身。大学時代にスポーツ新聞部に入部し、ラグビー部やサッカー部の番記者として、取材で全国を駆け巡る日々を過ごす。 2014年に「月刊群雛 (GunSu) 11月号」でインディーズ作家デビュー。 現在はラグビー、競馬、サッカー、野球などを取材中。日本代表から草ラグビーまで、暖かく試合現場を見守り続けています
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有
  • BWインディーズ 著者センター

「本日、応援日和」を見ている人にこれもおすすめ

「本日、応援日和」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
78

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/6/28
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューワー
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「本日、応援日和」のおすすめコメント

  • 競馬+女子高生+透明人間のファンタジックなスポーツ小説

    さまよえる80'sの魂BWインディーズ

    登録日:2017/04/17

    競馬はれっきとしたギャンブルではありますが、JRAのイメージ戦略や、競馬を題材にとったドラマチックでロマンに溢れた小説や映画のおかげで、ここ20、30年の間に「ちょっとお洒落な都会の遊び」として定着した感があります。

    BWインディーズでも、競馬を題材に書いている作家さんがいます。
    大学時代にスポーツ新聞部の記者として日本全国を取材に飛び回ったという経歴を持つ、和良拓馬さんです。
    もともとはスポーツエッセイストですが、最近はスポーツ小説も手がけるようになり、2017年2月に開催された小説執筆イベント「NovelJam」にも参加し、やはり競馬をテーマにした小説『30年後へ「逃げ残り」』を見事に2日間で書き上げ、出版されています。

    このNovelJam参加作品は、亡き父と娘を競馬を軸に結びつけるという、浅田次郎の「永遠の緑」(これは亡くなったのは母親ですが)
    をちょっと彷彿させる短編なのですが、今回紹介したいのは2016年にBWインディーズで発売された『本日、応援日和』というちょっと
    変わった短編集です。

    『本日、応援日和』には、スポーツ小説とスポーツエッセイの両方が収録されています。フィクションとノンフィクションの両方を手がける作家はいますが、両方をひとつの短編集にしてしまうのがインディーズっぽいなと思います。しかも、1本目は透明人間になれる女子高生が競馬場にやってくるという「マーブルケーキ」。ファンタジックな導入ですが、これがちゃんとした競馬小説になっています。ネタバレを避けるために細かい言及は避けますが、ぜひ読んでいただきたいです。ほかに3本のエッセイともう1本の小説が入っていますが、個人的には、今後も小説を書いていただきたいなと思います。

他の作品のコメントを見る

最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューワー
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面