ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍(ラノベ)

秘密のデートは母親と

小説
巨道空二
イラスト
アレグロ
価格
705円 705 (+税)
獲得コイン
7 コイン

獲得コイン7コインの内訳

通常購入分
7コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

「本当はだめなんだけど……ママが楽にしてあげる」――日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第122弾!

「本当はだめなんだけど……ママが楽にしてあげる」

「聡君のもやもや、ママがなんとかしてあげる」
若く美しい母が自慢であり憧れである少年・聡は、
思いが高じて心の内を母にぶちまけたところ、
溜め込んだ精を手と口で発散させてもらえることに。
Eカップ豊乳でのパイズリ奉仕、むっちり美尻責めと
秘密の母子関係はどんどんエスカレートしていく!

<登場人物>
●来島 聡
(くるしま さとし)
若く美しい母・美里に禁忌の愛情を抱くマザコン気味の高校生。美里と二人暮らし。

●来島 美里
(くるしま みさと)
女手一つで息子を育てる聡の母。凛々しくも包容力のある三十代半ばの女性。
スポーツクラブに通っており、引き締まったウエストにEカップバストを持つ。

<目次>
序章 息子の視線の先には
第一章 ママの肌に輝く水滴
第二章 母の手と息子の手と
第三章 喪服の裾から覗く下肢の眩しさ
第四章 デートコースは羞恥の蜜に濡れて
第五章 職場の彼女の衣服の下で
第六章 夜に浮かぶは白き肌
終章 母の肌はなお白く

(C)Kuji Kodou

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「秘密のデートは母親と」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
257

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2014/3/14
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「秘密のデートは母親と」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面