コマでさくっとチェック!スタッフおすすめの『今読んでほしい新作マンガ』

2018年2月6日更新 担当:Michi

NeuN

vsナチス! 護るべきはヒトラーの血を継ぐ少年。決死の逃亡劇を描く。

“ナチス”と聞くだけで、陰鬱な灰色の風景を想像して重苦しさを感じる。
高橋ツトム先生の絵は、まさにそんな雰囲気の中で繰り広げられる命がけの逃亡劇にこれ以上ないほどにハマっており、緊迫感あふれるモノクロ映画を観ているようだ。

本作は、ヒトラーの血を継ぐ少年・ノインと、彼を護るためにナチスを裏切った元SS(ナチス親衛隊)隊員・テオの逃亡を描いた作品だ。
ナチスの兵隊といえば、命令次第でいくらでも冷徹になれるというイメージがある。
テオもあまり喜怒哀楽を表に出すタイプではないようだが、彼なりの強い意志をもって、ナチスを裏切ってまでノインの命を護ろうとする行動はこのイメージとはまったく異なり、とても人間味がある。
また、自身の出生の秘密を知らずに育ったノインも、それを知って自分に生きる価値があるのか思い悩む。
二人の人間らしい一面と、ノイン抹殺のために非情に振舞うSSのコントラストが印象的だ。

旅の中で出会う兄弟や女戦士の登場、眠っていたノインの能力が覚醒を始めるなど、やがてストーリーはぐっと幅を広げながら進んでいく。
背中がゾワっとしながらも、手に汗握る展開がたまらない。ジャンルとしては歴史だけではなく、ダークファンタジーのファンにも“刺さる”作品だ。

▲このページのトップへ

BOOK☆WALKERトップページへ