セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

『YOUR BOOKS(実用)』の電子書籍一覧

1 ~2件目/全2件

  • 月間3000万強のPVと90万人のTwitterフォロワーをもつ、ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」。
    大ヒット映画『モテキ』の舞台にもなるなど、カルチャーファンからの認知は絶大だが、ただ閲覧者が多いのみならず、
    「ナタリー、ありがとう! 」と単なるニュースサイトの枠を超えて「愛され」ている稀有な存在でもある。
    星の数ほどあるメディアの中で、なぜナタリーだけがここまでの「共感」を勝ち得たのか?
    その秘密を、創業者にして音楽ナタリーの編集長でもある大山卓也氏が初めてちゃんと振り返る、待望の初単著。
    津田大介氏(ジャーナリスト、ナタリー共同創業者)×唐木元氏(コミックナタリー編集長)という、
    最も近くで著者を見てきた2人による特別対談「大山卓也ってこうなってたのか」も収録。
    「インターネットの時代に、誰かになにかを伝えること」にかかわる全ての人が必読の、刺激的なメディア論。
    [プロローグ]不思議なサイトになったもんだ
    [第1章]ナタリー前夜
    ファンだから「もっと知りたい」
    とにかく意識は低かった
    「批評をしない」音楽サイト
    「誰もやっていないなら自分がやるしかない」
    「♪ピロリン」で決まった名前
    一瞬で生まれた「ナタリー信子」
    [第2章]とにかくコツコツやってきた
    給料8万円の代表取締役
    「ファン目線」が受け入れられた
    ポップカルチャーの連峰を目指して
    おやつナタリーの顛末
    ずっとじわじわ続いている
    [第3章]ナタリーがナタリーである理由
    ナタリーがナタリーである理由
    読者を信じるということ
    無色透明でありたい
    ナタリーに「載っているべきこと」
    みっともないことはしたくない
    基礎体力の大切さ
    戦争の終わりを告げるニュースキャスター
    過剰さを求める理由
    [第4章]「やりたいこと」より「やるべきこと」
    自分が読みたいインタビュー
    「自分」がないのが自分らしい
    ぬるいものはダサい
    永遠に足りない
    ウェブだからこそできること
    ドヤ顔だけは見せたくない
    [第5章]これからのナタリー
    早すぎたチャレンジの数々
    「新しさ」の次の価値
    自分で見つけることの楽しさ
    せっかくだから見てほしい
    [特別対談]大山卓也ってこうなってたのか
    津田大介×唐木 元
  • ひきこもりの経験から、「みんなの居場所をつくりたい」という思いで数々のビジネス、サービスを立ち上げてきた家入一真。
    その思いを政治の世界で実現するべく出馬(そして落選)した東京都知事選を経て、この社会や政治の理想のありかた、
    そして「ぼくらの未来のつくりかた」が見えてきた。
    そのためのヒント、そしてこれから自分がやっていくことを語りつくした1冊。
    「最新型の家入一真」の頭の中が、この中にぜんぶ詰まっています。
    第1章
    選挙に出てみてわかったこと
    第2章
    みんなの居場所をつくりたい
    第3章
    「ぼくら」って誰のこと?
    第4章
    この社会に足りないもの
    第5章
    すべての壁を越えていきたい
    第6章
    ぼくらの未来のつくりかた

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。