セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

ブックウォーカースタッフのおすすめ

  • カテゴリ

女の子大好き!男は嫌い。大っ嫌い。…よし、女の子になろう!

by 本星歩 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
そんな感じで女装をはじめて超美少女になっちゃった苑。
見てのとおり、めっちゃカワイイです。でも、ヒロインひなたを想いやる気持ちや
恋する気持ちはしっかり男子高校生。ギャグも効いた女装男子系青春ストーリー。

にぎやかながらもほのぼの和む兄妹コメディ

by 本星歩 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
でも、年頃のムスメが腹違いのお兄ちゃん×4と同居なんて…なにも起こらないわけがないっ!
オネエ口調なのにイザという時頼れる正お兄ちゃんのイケメンっぷりと小悪魔っぷりに注目。

真紀ちゃんが、たまに見せる真剣な表情にゾクゾクします。

by みゆう (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
万葉(かずは)が大嫌いな男、
それはオネエ口調の美容師、杉本真紀。

万葉ちゃんの髪質が好みだなんだとつきまとわれてペース乱されっぱなし。

でも、いつもは軽い口調でからかってくるのに、万葉の真剣な気持ちは絶対に笑ったりしない。
そんな真紀ちゃんに次第に惹かれていく万葉。
あいつの人を見透かしたような瞳、苦手だ。って思ってたはずなのに…。

万葉と真紀、ふたりの恋に注目です!

真と糸の誰にも知られちゃいけないヒミツの恋。

by みゆう (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
誰にも男だとバレずに高校生活を終えられたら、役者になる夢を許す。
そう父親と約束した成田真。

約束を果たすべく『天野真琴』という女子生徒として転校し、
演劇部に入ったが、いきなり男まさりな女子、三浦糸にばれた…!?

男だと他の人には知られないように協力関係になった真琴と糸は次第に惹かれていき…?

真剣に夢に向かう真琴さんが本当にかっこいい!
彼らと過ごす青春をお楽しみください。

まりあはおれのもんだ!!

by みゆう (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
初恋の人を追いかけて全寮制の学校へ勝手に転校した双子の姉、まりあを取り戻そうと、
同じ学校へ転校した弟の、のえる。

ただ、寮の空きが女子1名分しか無いと言われ、女装して乗り込むことに。

絶対にギブアップなんてしないと覚悟を決めてきたけど、
親友だと思ってた佐々くんに告られたり、
さらには寮で同室の女の子、未有に恋してしまったりと、のえるの寮生活は結構過酷!?

『ハンサムな彼女』『ママレード・ボーイ』などでおなじみ、吉住渉先生の人気作。
りぼんっ子なら絶対に読むべし!

ふたりの男女の勘違いとすれ違い×学園青春ストーリー。

by 本星歩 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
うっかり好きな女の子の前で女装をせざるを得なくなってしまった男の子、桃井くん
女装した姿で「おんなともだち」になってしまった関係を、恋愛関係に持ち込めるのか?!
がんばれ桃井くん、負けるな桃井くん!姉のような気持ちでちょっと不憫な桃井くんを応援したくなります。

読み終わったあと、ちょっと泣けて、でも笑顔になれる。すてきな作品です。

by 本星歩 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
『ニコイチ』は金田一先生作品の独特なテンポ感やちょいエロ展開、ギャグ要素ももちろんありつつ、
血の繋がりのない親子関係という深いテーマもストーリーの要に。

こんな上司がいたら仕事も捗ります。と妄想しながら読める1作。

by 本星歩 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
誰より綺麗で仕事が出来るオネエ系イケメン、美咲さん。
オネエ口調なのにやたら男性的な頼りがいがあって、
セクシーで(良い意味での)イヤラシさがハンパない美咲さんからきっと目が話せなくなってしまうはず。

友情が恋に変わる、それってとても不思議で素敵なこと。

by 本星歩 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
仲の良い友達だった男っぽい菜実子とオネエなシゲちゃんが付き合い出し、男女の関係になり、時が経ち、
二人の間に芽生えた感情とは…?
※シゲちゃんは『堀居姉妹の五月(5)』から登場します。

ギャップ萌えな方にオススメ。

by 本星歩 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2015/12/25
見た目は爽やかボーイ、中身はがっつりなオネエ系男子な藤くん。
こんなお姉ちゃんいたら楽しいだろうなーと思わせるほどオネエな彼ですが、
一途さと、時折見せる男らしさにドキドキさせられます。

ページ先頭へ

本文の終わりです