セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

ブックウォーカースタッフのおすすめ

  • カテゴリ

“このファンタジーがめっぽう可愛い!”綿密な世界とほのぼのキャラの素敵なハーモニー

by RW (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/11
大航海時代のような「新大陸」をめぐる貿易活劇『ハコニワークス』をはじめ、同じ世界観を元にした3つの物語5冊分が1冊にまとまった総集編です。

 『ハコニワークス』は、貿易会社ハコニワークス社の遠征隊隊長イェータと愉快な仲間たちが繰り広げるドタバタストーリーですが、キャラクターの魅力はもちろん、なんといっても異国情緒がギュッと詰まった背景の心地よさが素晴らしい! 各話のあとがきにある簡単な設定資料にも、びよらさんの作品世界に対するこだわりが垣間見えます。

 ファンタジー好きには自身を持ってオススメ出来る作品集です。

電子版は紙版と違い各タイトルの扉絵をカラーで収録!

“このファンタジーがめっぽう可愛い!”4コマ漫画にみっしりつまった可愛さと圧倒的世界観

by RW (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/11
コミティアのファンタジージャンル島におけるリリカルの旗手、びよらさんの4コマ形式の作品をまとめた総集編です。

表紙で惹かれた方は、その絵柄で一コマ一コマにみっちりと描かれるファンタジー世界、そしてビビッドなキャラクター達に魅了される事まちがいナシなので自身を持ってオススメします。

ナンバリングはされていますが、『ハコニワークス編』を読んでなくても大丈夫です。どっちが先でも楽しめますので、2を読んでよければ是非1も。

電子版は紙版と違い各タイトルの扉絵をカラーで収録!

イヤミスなのに読後は爽快!という不思議な1冊

by SS典子 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/24
母が亡くなり、兄妹の二人暮らしを始めたところから始まる物語。
刑事をしている忙しい兄のため家事をこなし、泊まり込みの際は着替えを届ける健気なJKの妹を中心に話は進みます。

“女子高生殺人事件”を担当する兄のため、
可愛い容姿と抜群のコミュ力を発揮して被害者の周りを探ることに。

とことん危なっかしく首をつっこみ兄にも釘をさされながらも、
その甲斐あって刑事には聞き出せないような情報をゲット。
そして事件は一件落着…かと思いきや、終盤に面白さが加速する!

【誰が】【いつから】に注目して読んだとしてもこの結末には気が付かないかもしれない。
強いて言えば、“すべての言動に意味がある”を意識すること。
伏線を探りながら読んで、答え合わせをするも良し。
フラットに読んで驚愕するも良し。

確かにコレは殺されるわ…と思わず納得。
人間って怖いと思いながらもどこか爽快な作品。

両想いなのに付き合えないって無理ゲー過ぎ…

by モヌス (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/24
両想いって素晴らしいですよね。

そうなりたくて・・・でも簡単にはなれなくて・・・。
頑張ってアプローチし、やっと気にされだして、相手の気持ちが自分に傾いているのを感じたので勇気を出して告白!そしたらなんと両想い!!お付き合いすることになり、めでたしめでたし・・・。

ライトノベルのラブコメってこんな感じだよね?と思っていた時期が私にもありました。しかし本作では、主人公がヒロインと"両想い"だと気づいたところから物語がスタートします。

ある日突然ヒロインの心の中が、セリフのように聞こえ出した主人公。
毒舌な彼女は普段から主人公に罵声を浴びせるも、実は心の中では異常なまでの主人公愛に溢れていたのでした。
そのギャップはツンデレ好きな人にはたまらないと思います。

あとは告白して付き合うだけ!意を決してヒロインに想いを伝えるも、結果はなんと玉砕!
ツンデレだけじゃないポンコツでもある彼女は、素直に気持ちを伝えられなかったり、たまに伝えても別な意味で受け取られたり・・・両想いなのに、2人はどうすれば付き合うことができるのか・・・。

好感度100%から始める毒舌女性の落としかたは、頭脳戦?心理戦??
乞うご期待ください!

王子様(16)は、国を売り飛ばして隠居したい

by ぽえ夢 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/24
弱小国家ナトラの王子:ウェインは文武に秀で、臣下に慕われる若き指導者。
しかし裏では…、

「国売ってトンズラしてえええ!」

なんて物騒なことを叫んでいる売国奴なのでした。

“売国奴”というパワーワードだけ聞くと嫌な奴のようですけれど、ウェインは無責任に国を放り出すことはせず、きちんと根回しした上で大国に売国しようという、すごく理想的(?)な売国奴。
さらに、裏では王子とは思えないくらいにフランクなので、売国奴な設定でも憎めないキャラなんです。

着々と売国計画を進めるウェインでしたが、予想外の動乱が彼を襲います。
大国に根回しを始めたら相手国の王が死去し、その混乱に乗じて別の隣国が攻めてくるという…。
持ち前の有能さで(仕方なく)不測の事態を乗り越えていたら、上がる士気!高まる名声!広がる領土!

これだけ成功を収めると、すごい名君に見えてしまいますよね。
…当人は、ただの売国奴なんですけどね!

果たしてウェインは、自国を売国して楽隠居できるのでしょうか?
天才王子による予想外だらけの弱小国家運営譚、ここに開幕です!

魔法の先生は、竜でした。

by ぽえ夢 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/24
科学万能の現代社会で、神秘の魅力に取りつかれたオカルト研究家。
人間としての生を終えた彼は、文化も言葉もない原始の世界に転生しました。
…人間ではなく、竜として。

彼の周囲にいる人間は、最初はほぼ原始人レベルという設定にビックリ。
言葉もなく、生贄を捧げたりと野蛮そのもの。

竜である自分に生贄として捧げられた少女を保護することを決意し、魔法を基盤とした文化的な生活を教えるうちに、彼女は清楚で知的な美少女に成長していきます。
会話もままならない原始人から、こんなに素敵なヒロインが!文化ってすごい!

そして彼は学校を作って人間の文化レベルの向上を目指すことを決意し、いつしか“先生”と呼ばれるようになるのでした。

長命な“先生”の大きな視点で物語が語られることで、一人の少女の成長から始まり、集落単位での文化レベルの向上など、人類の歴史を追体験するかのような本作。

魔法が生まれ、魔法文化が根付いていくまでの過程などは、ファンタジー好きな方は必見ですよ!

そして…、“先生”と“生徒達”に訪れる感動のラストを見届けてください。

不幸は美少女を輝かせる!

by コミタンM (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/17
実は今あえての告白をするんですが、かわいい女の子が語尾に「にゃ」とか「りゅん」とか「ナリ」とか付けてても僕は別段萌えないですね。あと最後はコ◯助でしたね。すみません。

なんかあざとすぎるのって引かないですか?普通にそのままで美少女なのに、さらに萌え語尾とか胸やけするんですよ。大事なのは足し算じゃなくて引き算ですよ。

だったら風呂おけにゴムまりと掃除機ホースを付けた、謎のカラクリロボが「ナリ」とか言ってる方が逆にギャップで萌えると思いません?すみませんこれも◯ロ助でした。F先生は偉大だ。

つまり何が言いたいのかというと、こってこての萌え語尾付けた美少女ユー◯ューバーが、生配信中にコケてパンツ丸出しのまま配信が終わってヘコむみたいな、そんなマンガがあったらいいなー!ってことですよ!

…あったわ!まさにそんなマンガがありましたよ!

「てみたー」という「◯コ◯コ生放送」と「◯ーチューブ」を足して2で割ったみたいな生配信サービスで、声優を目指して頑張るアンナカ・ハルナ。

キャンドルダンスを踊ろうとしてボヤを起こし、ようやく掴んだ声優デビュー作では不祥事により出演回が全カット、あまりの運のなさにメンタルをやられ、生配信中に嘔吐してアカウント停止にまで追い込まれるという、不幸のバカ盛りっぷりに全読者が震撼です。

時代はやっぱり不憫萌えを超えた悲惨萌えです。キャピキャピしながら踊り歌う萌え美少女が、配信が終わると情緒不安定になって死んだ魚の目でSNSを見てる。
そのギャップ、すっごくいいと思います。

この身長差の尊さを届けたい…!

by みゆう (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/17
入社4年目、室宮旭(身長162cm)。ついに新人の教育係に……と思ったら身長190cmの“大型”新人がやってきた。
しかもこの新人・瀬良くんは頼りになるし仕事もできるし、室宮に対して「つい」で頭ポンとかするすごいヤツなんですよ…。
有能で冷静な後輩とまっすぐで熱血な先輩って、それだけで美味しいご飯が食べれる案件ですよね。
とはいえ、瀬良がミスをしたときにしっかりフォローする室宮という、先輩後輩な関係性もしっかりと描かれていて、良い…良い…!って言いながら読んじゃいました。
なんかもう気分は二人をあたたかく見守るモブおじさんですよ。
応援してるから…!って言いながらコーヒーの差し入れをしてあげたい。

表紙見たときはかなりライトな内容なのかと思いましたが、読んでみたら、あら、結構やることやってらっしゃる////。

後輩×先輩属性の方は必見!
営業部最強凸凹コンビのオフィスBLをぜひご堪能ください!

※注意※シンデレラストーリーではありません

by SS典子 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/01
本作は様々な能力を持つ銀色の血を持った貴族、通称“シルバー”と赤い血の通う奴隷階級“レッド”が存在する世界の物語。

主人公の奴隷少女メアは、シルバーの催しに巻き込まれ殺されそうになるも、突如レッドが持つはずのない“異能力”が発動!
それを見て混乱する貴族たち鎮めるため、“レッドに育てられたシルバーの少女”と偽り、王子の婚約者として迎え入れられる…。
偽りの人生を覚悟したメアだったが、今度はテロに巻き込まれいつのまにかテロリストのリーダー的存在に。

政権争い、テロ集団、それぞれの思惑が複雑に絡み合う。
メアを利用した心理戦や、嘘を真実として民衆に信じこませる情報操作は敵ながら見事で、期待も予想も裏切る圧倒的な面白さは、物語の中盤から中毒性アップ!

奴隷の少女がいきなり王女になる“シンデレラストーリー”かと思いきや、格差社会、テロリズム、下剋上、心理戦と重いテーマも盛り盛りの戦記ファンタジー。

知略・戦略で生き残れ!

by SS典子 (BOOK☆WALKER スタッフ)
登録日:2018/05/01
目覚めた瞬間から全力疾走!思考も行動も止まった時点で即アウト!

気が付くと火星のような見知らぬ場所で突如始まる命をかけたゲーム。
食糧を求めるもの、武器を求めるもの、情報を求めるもの…。
それぞれの参加者たちがまず始めに求めるものはどれなのか。

何を選択するか、どう動くか、誰を仲間にするかはすべて自由。
その裏側にある真意に気が付くか否かが運命の分かれ道。

生き残りをかけたパートナーはどこか謎めいていて、どこまで信頼できるのかわからない。

そんな心の揺れまで緻密に計算したかのような黒幕の意図は、参加者たちを極限まで追い詰め人が人を食う狂気に満ちた展開に。

知略、戦略、そして運までもすべて味方につけて生き延びろ!
怖いのに最後まで目が離せない、狂気の1冊。

ページ先頭へ

本文の終わりです