セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

講談社 文芸全作品コイン50%還元フェア

はじめてのお客さまへ

絞り込み

『海外書き人クラブ、海外書き人クラブ』の電子書籍一覧

1~8件目/全8件

天使の街、悪魔の誘惑

著者
梅本昌男

108(税込)  

タイ・バンコクを舞台に、ツーリスト・ポリス(外国人観光客用警察)のボランティアとして、トラブル渦中の日本人を助ける主人公・加藤大鵬の活躍を描くミステリ短編小説。続編『終の棲家、砂上の楼閣』も収録。

高木正一、五十三歳のさえないサラリーマン……出張先のタイ・バンコクで彼は「天使」と出会う。カラオケバーに勤めるレック、親子ほども年が違う高木を彼女は愛していると言う。天国にも上った気分で、指示されるがまま、彼女の貧乏な家族を助けるためにと仕送りをし、二人の愛の巣にしたいという家の資金まで出ししてしまう。大金を振り込んでから、突然、レックと連絡が取れなくなる。気狂いのようになった高木はバンコクまで飛んで来るが、新居に待ち構えていたのは屈強なタイ人の男だった……。ツーリスト・ポリスに助けを求めてきた高木のため、トラブル・シューター=加藤大鵬が現地警察と共に詐欺事件に挑む。「海外書き人クラブの本」レーベルの記念すべき創刊第1弾。BOOK☆WALKERで独占先行発売!

続きを読む

ルーマニアのハチミツが世界品質だってご存知でしたか?

著者
石川寛久/Ioana Constantin Ishikawa

108(税込)  

世界有数の養蜂大国であるルーマニア。現地在住の日本人とルーマニア人が日本ではほとんど知られていないルーマニア産ハチミツの素晴らしさやコアな情報など、これ1冊で丸わかりのガイドブックを完成させました!

ハチミツ好きの皆さん!ルーマニア産のハチミツが世界品質だとご存知でしたか?えっ!知らない・・・それは人生損していますよ!日本では出回っていないルーマニア産ハチミツの情報をいち早くお届け!現地の養蜂家から得た情報を元に、作られる工程や種類、健康に良い理由、世界で絶賛されているワケなど、ルーマニア産ハチミツのおいしさやその人気の秘密に迫りました。ハチミツが買えるルーマニア国内の養蜂家やマーケット情報も掲載。ハチミツ好きな方にとってルーマニア産ハチミツは新たな選択肢になること間違いなしの内容です!「海外書き人クラブの本」レーベルの記念すべき創刊第1弾。BOOK☆WALKERで独占先行発売!

続きを読む

著者
柳沢有紀夫

シリーズ2冊  各324(税込) シリーズ

「世界の住みやすい都市ランキング」で上位を占めるオーストラリア。そこに実際移住したプロライターがお伝えする生活情報・ノウハウ満載の一冊。きっとあなたも住みたくなる!

借りた家は未完成。「任せろ」「すぐ行く」と約束だけは大盤振る舞い。お笑いライブのように爆笑につぐ爆笑の教会の礼拝。日本にはないいい加減さに呆然としながらも、なぜかどんどんこの国が好きになっていく。だってオージーたちって幸せそうに生きているんだもの。小学校や幼稚園の様子、クレームのつけ方と耐え方(?)、友だちづくりや「サッカー中年」になる方法。オーストラリア移住生活1年目の「ありとあらゆる情報」を、軽妙エンタテイメントエッセイでお届けする。「日本にいるより10倍大変。だけど100倍楽しいオーストラリア生活」を、まずは書籍で体験してみてください。「海外書き人クラブの本」レーベルの記念すべき創刊第1弾。BOOK☆WALKERで独占先行発売!

続きを読む

アメリカ西海岸ママ

著者
Noriko

216(税込)  

アメリカ西海岸で国際結婚、高年初産を果たした著者が「立ち会い、無痛分娩が当たり前」「24時間で退院」などの産前・産後事情を実際の体験をもとにエッセイ&マンガで紹介。リアルな海外出産、まるわかりの1冊!

日本のような至れり尽くせりのおもてなし精神は全くない代わりに、「こうであらねば」のプレッシャーもない。そんなアメリカ西海岸独特のゆるさに助けられ、基本的にズボラでマイペースな「だめだめママ」が、ちょっと変わり者のアメリカ人のダディ―とふたり(お腹にいたハーフの息子を入れて3人)で、はじめての海外出産を乗り切った! プチカルチャーショックの連続、山あり谷あり、でもたまにほっこりする妊婦生活・新米ママ生活の日常を、くすっと笑える4コマ漫画付きエッセイでアメリカ西海岸からレポートします。「海外書き人クラブの本」レーベルの記念すべき創刊第1弾。BOOK☆WALKERで独占先行発売!

続きを読む

グアテマラ 遠くて遠い国

著者
草野あずき

216(税込)  

どこかで聞いたことはあるような気はするけれど、どこにあるどんなところなのかは、ほとんど誰も知らない遠い国、グアテマラ。そんな国の味わい豊かな魅力や不思議な香りを在住二十数年となる著者が紹介する、一味違ったガイドブック。

グアテマラと言えば誰もが思い浮かべるコーヒーと、マヤの時代から愛飲されていたチョコレートについて触れた「コーヒーとチョコレートの国」、高邁な理想に現実がついていかない「バイリンガル教育の不思議」、愛してやまないが故に失望も大きい「サッカー、永遠の夢」、現役大統領を辞任に追い込んだ出来事を描く「民主主義の春、ふたたび」など、住んでいるからこそ見えるグアテマラを描く全十三編。遠くてそう簡単には行けない国だからこそ、まずは書籍で読んでみて!

続きを読む

妊婦さんの世界旅行

著者
りんみゆき

324(税込)  

「妊婦さんって飛行機に乗っていいの?」なんて思っていませんか?答えは「オッケーです!」フライトアテンダントの妊婦さんが、産休をフル活用して、15ヶ国20都市を訪れた旅行記を参考に、あなたも旅行に出てみませんか。

フライトでも休みの時も世界中を飛び回っていた私は、産休中、アジア、アメリカ、オセアニア、ヨーロッパと地球の上を行ったり来たりしました。産休入りする直前のサンフランシスコフライトでは自転車に乗ってゴールデンゲートブリッジを渡ったり、ポーランドのアウシュビッツでは小さな靴を見て涙を流したり、シドニーではラグビー観戦でジャパンの応援に励んだり。旅行前はドクターと要相談ですが、スキューバダイビングなど「何かあっても訴えません」という書類をサインしなくていいものは、妊婦さんだってふつうにできちゃうものです。またスロヴァキアのマーケットで売っているおばちゃんも巻き込んで我が子の枕を選んだり、バンコクのタイボクシング屋のおじさんの一言で慰められたり、と旅先でも妊婦だからこそできる地元の人とのふれあいなども体験できるのです。マタニティーライフをエンジョイしたいカップルさん、妊婦じゃなくても旅行好きさんは必読。「海外書き人クラブの本」レーベルの創刊第2弾。BOOK☆WALKERで独占先行発売!

続きを読む

ブエノスアイレスの恋 国際恋愛の苦悩と喜び

著者
ボッティング大田朋子

108(税込)  

恋愛事情が一番デリケートな「30代の恋愛」を女性側からの独白でつづった恋愛小説。舞台は南米のパリ、ブエノスアイレス。30歳の主人公が理性よりも感性を大切に恋をしたいと向き合っていく過程の独白小説

私はブエノスアイレス在住の30歳。南米をバックパックで旅行していたとき偶然立ち寄ったブエノスアイレスに一目惚れし直感でアルゼンチンへの移住を決めてやってきてからちょうど5年が過ぎようとしていた。彼と出会ったのは-わたしには彼氏がいて彼には彼女がいた-2年前だった。その彼から予期せぬ愛の告白があり、ジレンマの告白があった。わたしがブエノスアイレスで過ごす時間はあと2か月しかない。時間が限られているときに誰かと何かを始めることで傷つくのは、結局は未来の自分なんじゃないか…?わたしは何をどう考えればいいのだろう?仕事も恋も充実させたい30代の恋愛を女性の視点から描く独白恋愛小説。「海外書き人クラブの本」レーベルの記念すべき創刊第1弾。BOOK☆WALKERで独占先行発売!

続きを読む

光のハワイ島日記

著者
相原光

324(税込)  

ハワイの日系新聞の人気コラムがついに書籍化!ブタのブー子と黒ヤギクロちゃん、気まぐれケルン、水くみ草刈り、ハワイ島は自然がいっぱい?ライター兼寿司屋の女将(おかみ)がつづる、ハワイ島田舎暮らし入門!

ハワイの日系新聞『日刊サン』の長寿連載コラム「光のハワイ島日記」が待望の書籍化! ブタのブー子と黒ヤギクロちゃん、気まぐれケルン、ヒロ異臭事件、無限ゴミ箱、奇跡のトマト、水くみ草刈り、ハワイアンタイム疑惑……、ハワイ島っていったいどんなところなの? ライター兼寿司屋の女将(おかみ)が出くわす珍事件の数々。ハワイ島生活を知りたい方必読! ガイドブックには載っていない、素顔のハワイ生活を伝える、ハワイ島田舎暮らし入門編。花福こざるの描きおろしイラストも多数収録。「海外書き人クラブの本」レーベルの記念すべき創刊第1弾。BOOK☆WALKERで独占先行発売!

続きを読む

1~8件目/全8件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです