ミステリーマンガ(漫画)おすすめ26選&人気ランキング“アニメ化作品から探偵ものの名作、都市伝説・伝奇ミステリー、サイコミステリー、ハードボイルドまで” | ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER
  • あなたの次にくるマンガやラノベ・小説はどれ? 新作シリーズ1巻30%コイン還元キャンペーン
ミステリーマンガ(漫画)おすすめ26選&人気ランキング“アニメ化作品から探偵ものの名作、都市伝説・伝奇ミステリー、サイコミステリー、ハードボイルドまで”

ミステリーマンガ(漫画)おすすめ26選&人気ランキング“アニメ化作品から探偵ものの名作、都市伝説・伝奇ミステリー、サイコミステリー、ハードボイルドまで”

探偵さながらに事件や謎を推理してみたい、犯人や真相を見破りたい、見事なトリックや意外な仕掛けに騙され驚かされたい……。脳を刺激し、スリルやサスペンスを求める気持ちを満たしてくれるのが「ミステリー」ジャンルです。ここでは、本格派から定番どころ、小技の効いたものにまさかの変化球まで、様々なミステリーマンガ(漫画)の人気作を紹介します。

アニメ化、コミカライズ作品まで本格ミステリーマンガ(漫画)7選

物語の発端から不可思議で読者を引き込み、やがて伏線となっていたいくつかの事実がひとつながりとなって、披露される謎の全貌。結末のカタルシスは、本格ミステリーならではのもの。ここではその人気作、そしてドラマ化・アニメ化や小説発のコミカライズなど幅広くメディア展開するミステリーマンガ(漫画)の注目作をピックアップします。

サクッと読めて楽しめるライトミステリー&コージー・ミステリーマンガ(漫画)2選

日常的な謎をその場に立ち会った“素人(しろうと)”が解き明かしたり、個性的なキャラクターや現実離れした設定がコミカルだったり……。「コージー・ミステリー」「ライトミステリー」と位置付けられる作品は、気軽にミステリーの醍醐味を楽しむことができます。実写ドラマ化、アニメ化も注目を浴びた人気作をピックアップしました。

学園ミステリーマンガ(漫画)、青春ミステリーマンガ(漫画)2選

生徒・学生を主人公に、学校や彼らが足を運んだ先を舞台に謎解きが繰り広げられる「学園ミステリー」「青春ミステリー」。ミステリー要素とともに、キャラクターの人間関係や恋愛模様、青春の甘さや苦さ、成長も大きな魅力となります。主人公と同年代の読者はもちろん、大人が読んでも楽しめるミステリーマンガ(漫画)をピックアップします。

伝奇ミステリーマンガ(漫画)、都市伝説、怪奇ミステリーマンガ(漫画)3選

妖怪や悪魔、怪物といった伝説や伝承に基づく存在と人間が交流する「伝奇」、科学的な空想に基づく未知の存在や非日常的な現象を取り上げる「SF」といった題材も、ミステリに組み込まれるとまた違った輝きを放ちます。ミステリーの幅を広げる、創意工夫にあふれるマンガ(漫画)作品をピックアップします。

歴史ミステリーマンガ(漫画)のおすすめ作品

歴史の闇に葬られた謎や事件を、現存する資料をもとに最新の知見から解き明かしていったり、同時代の人間を登場させ、その人物を探偵役に事件を記す「歴史ミステリー」。遠い時代、その奥行きに想いを馳せ、好奇心を遊ばせられる、ロマンあふれる作品をピックアップします。

闇にふれる…サイコミステリーマンガ(漫画)2選

異常な心理や、常軌を逸した行動によって引き起こされた猟奇的な謎や事件。物語が進むにつれ、徐々につまびらかになっていく事件の真相に肝を冷やす「サイコミステリー」。謎解きのために“人間の狂気”と向き合うこの分野の作品は、ミステリーでもとりわけ刺激的です。心理的な恐怖や意外性で脳を揺さぶる人気作をピックアップします。

“ザ・ハードボイルド”犯罪捜査・社会派ミステリーマンガ(漫画)3選

感情に流されず、強い信念を持ちながら困難な事件や謎に立ち向かう主人公が登場する「ハードボイルド」や、社会の写し鏡となる題材を取り上げ、現実の問題点を浮き彫りにする「社会派」要素あるミステリマンガ(漫画)。社会の闇をあばく主人公に爽快感を覚えつつ、読了後に考えさせられるものもある、ビターな味わいの作品をピックアップします。

【名作】“名探偵現る!”警察、法廷、探偵ミステリーマンガ(漫画)3選

一癖も二癖もある個性的な探偵が、軽妙な推理を披露して事件を解決へ導く「探偵ミステリー」や、警察や弁護士・検事といった職業の登場人物が繰り広げる真相究明のドラマに人間模様が華を添える「警察・法廷ミステリー」は、ミステリーの定番としてやはり外したくないところ。お馴染みの名作をピックアップします。

犯人視点が光るスピンオフ&倒叙ミステリーの人気作

犯人の視点から描写したり、謎や事件が発生するまでを先に読者や視聴者に明かしたうえで物語が始まったり……といった「倒叙ミステリー」。探偵役との心理戦や犯行に至るまでの動機の掘り下げなど、通常と逆の視点だからこそスポットを当てられる要素に面白さがあります。一味違った魅力があふれるものから、犯人を応援したくなる変わり種までピックアップします。

【最新】ミステリー・推理・サスペンス(文芸・小説、マンガ)ランキング

1
原作:
日向夏
作画:
倉田三ノ路
キャラクター原案:
しのとうこ
サンデーGXコミックス
小学館
2021/6/18 (金) 配信開始
4.7

「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~(11)」感想・レビュー

  • こも 零細企業営業

    17

    ネタバレ小蘭の文字習得の話から国母迷宮の話へ。色の識別が出来ない人が皇帝になれるようにしたものらしい。それを何故か皇帝と壬氏と共に迷宮に入ってしまう。そしてハズレを引いてしまった現皇帝。戯れに猫猫にやらせてみたら、、猫猫は解いてしまった。そう、解いてしまった。実際は現皇帝の息子である壬氏に求婚される猫猫が、、この頃から仕込まれてたか。。忘れてた。その後は、先帝の遺体が腐らなかった事の謎解き。壬氏のオモチャに何が??前の巻で拾った小石だったかな?チョット読み返してみよう。

    2021/06/18

2
著:
和久井健
週刊少年マガジン
講談社
2021/4/16 (金) 配信開始
4.7

「東京卍リベンジャーズ(22)」感想・レビュー

  • 珠李

    8

    ネタバレ皆助かったと思ったらマイキーだけが、闇堕ちしてる。

    2021/05/29

3
著:
和久井健
週刊少年マガジン
講談社
2021/2/17 (水) 配信開始
4.8

「東京卍リベンジャーズ(21)」感想・レビュー

  • 珠李

    8

    ネタバレ稀咲が死因があっさりしてるな。

    2021/05/29

4
著:
和久井健
週刊少年マガジン
講談社
2020/12/17 (木) 配信開始
4.8

「東京卍リベンジャーズ(20)」感想・レビュー

  • グレ

    52

    ヤツが妹を殺した歪んだ理由とは!?!? とことんロクでもないことばかりをし続け、やるだけやったらスタコラ逃走・・・クソ憎い稀咲だが、「もっと飛ばせ!!追い付かれるぞ!」「バカ!!引っ張んな」……肝心なところでパニクりやがってざまあみんしゃい。辛いばかりの巻だったが、次こそこの卑劣漢と本当に白黒つけられるか!??

    2021/06/13

5
著:
和久井健
週刊少年マガジン
講談社
2019/1/17 (木) 配信開始
4.6

「東京卍リベンジャーズ(10)」感想・レビュー

  • グレ

    48

    「一人一人が皆の為に命を張れ」は壱番隊隊長の、「暴力は守る為に使え」は弐番隊隊長の名言。そもそも卍結成の契機となった敵勢・黒龍は、先代こそ潰したものの、このマンガで一人だけガタイも画風も他と違う十代目・大寿が段違いに強力に蘇らせた。抗争が出来ない縛りのなか、単独でも鬼のごと強い大寿を四人掛かりで襲撃する主人公にあるまじき作戦を希崎の発案で実行することに・・・。そして、ヤツの口癖「時間の無駄」をナオトも発し…!?!? なんだもしかしてこれも謎の一端か!?? ドラ焼き好きの総長、おはぎ好きな鬼滅の風柱みたい笑

    2021/05/01