電子書籍 交渉術 日本人VS中国人、最後に笑うのはどっちか 実用

著: 孔健 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

交渉術 日本人VS中国人、最後に笑うのはどっちか あらすじ・内容

同じ漢字を使い、同じような容姿をしていながら、日本人と中国人は「似て非なる」人種である。
日本人は真実は1つしかないと信じ込み、白か黒かの決着をつけたがる。
中国人は真実は2つ以上あるとおおらかに考え、1つの結論を押しつけない。
日本人は「ワイロはすべて悪い」と決め付ける。
中国人は「ワイロには悪いワイロと、とよいワイロに二つがある」と考える。

日本人と中国人、それぞれの考え方・文化背景の違いを、孔子の七十五代直系子孫、孔健氏が解説します。

この作品を共有

「交渉術 日本人VS中国人、最後に笑うのはどっちか」最新刊

同じ漢字を使い、同じような容姿をしていながら、日本人と中国人は「似て非なる」人種である。
日本人は真実は1つしかないと信じ込み、白か黒かの決着をつけたがる。
中国人は真実は2つ以上あるとおおらかに考え、1つの結論を押しつけない。
日本人は「ワイロはすべて悪い」と決め付ける。
中国人は「ワイロには悪いワイロと、とよいワイロに二つがある」と考える。

日本人と中国人、それぞれの考え方・文化背景の違いを、孔子の七十五代直系子孫、孔健氏が解説します。

「交渉術 日本人VS中国人、最後に笑うのはどっちか」の作品情報

レーベル
――
出版社
幻冬舎
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
209ページ (交渉術 日本人VS中国人、最後に笑うのはどっちか)
配信開始日
2017年2月10日 (交渉術 日本人VS中国人、最後に笑うのはどっちか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad