電子書籍 海に沈む太陽 文芸・小説

著: 梁石日 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

海に沈む太陽(上) あらすじ・内容

一九五五年、十六歳の曾我輝雅は家出をし、憧れの船乗りになった。「果てのない果てへ旅している」。それは、妾の子という偏見と差別に苦しんだ末にやっと手にした自由だった。博打に酒、女に喧嘩と破天荒な生活を送っていたが、彼はまだ見ぬ世界を求めていた――。画家・黒田征太郎の青春時代をもとに、戦後日本の風俗をも描き切った感動長編。

この作品を共有

「海に沈む太陽」最新刊

「アメリカへ行けば何かがある」。イラストレーターになるという夢を抱きニューヨークに渡った曾我輝雅を待っていたのは、アジア人蔑視と満足に食べることもできない苛酷な環境だった。栄光と汚辱、希望と絶望の全てをのみ込む街で、最後に成功をおさめることができるのか!? 自分を信じて生き抜くことの尊さが深く心にしみ入る、名作長編。

「海に沈む太陽」作品一覧

(2冊)

各627(税込)

まとめてカート

一九五五年、十六歳の曾我輝雅は家出をし、憧れの船乗りになった。「果てのない果てへ旅している」。それは、妾の子という偏見と差別に苦しんだ末にやっと手にした自由だった。博打に酒、女に喧嘩と破天荒な生活を送っていたが、彼はまだ見ぬ世界を求めていた――。画家・黒田征太郎の青春時代をもとに、戦後日本の風俗をも描き切った感動長編。

「アメリカへ行けば何かがある」。イラストレーターになるという夢を抱きニューヨークに渡った曾我輝雅を待っていたのは、アジア人蔑視と満足に食べることもできない苛酷な環境だった。栄光と汚辱、希望と絶望の全てをのみ込む街で、最後に成功をおさめることができるのか!? 自分を信じて生き抜くことの尊さが深く心にしみ入る、名作長編。

「海に沈む太陽」の作品情報

レーベル
幻冬舎文庫
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説
ページ数
323ページ (海に沈む太陽(上))
配信開始日
2017年2月17日 (海に沈む太陽(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad