電子書籍 修羅の群れ 稲川聖城伝 実用

著: 大下英治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

修羅の群れ 稲川聖城伝(上) あらすじ・内容

昭和8年、風雲急を告げる時代の横浜で、19歳の稲川角二は任侠に生きる決意をする。厳しい博徒修業の末、数々の出入りで名をあげた男は、その才覚を買われ35歳で熱海に一家を構える。そこにはモロッコの辰をはじめ、彼の器量と人柄に惚れた若者たちが集っていた……。のちの稲川会総裁・稲川聖城の人生を実名で描いた長編ドキュメンタリー小説。

この作品を共有

「修羅の群れ 稲川聖城伝」最新刊

昭和34年、銀座に事務所を構えて東京進出をはたした稲川は、右翼の大物・児玉誉士夫と出会い「心の親」と仰ぐようになる。関東をまとめる一方、西の雄・山口組とも交流し、三代目田岡一雄組長の葬儀委員長という大役を務め全国の抗争を終結させていく……。現代の任侠道を貫いた首領(ドン)・稲川聖城の人生を描いた長編ドキュメンタリー小説、完結編。

「修羅の群れ 稲川聖城伝」作品一覧

(2冊)

各757(税込)

まとめてカート

昭和8年、風雲急を告げる時代の横浜で、19歳の稲川角二は任侠に生きる決意をする。厳しい博徒修業の末、数々の出入りで名をあげた男は、その才覚を買われ35歳で熱海に一家を構える。そこにはモロッコの辰をはじめ、彼の器量と人柄に惚れた若者たちが集っていた……。のちの稲川会総裁・稲川聖城の人生を実名で描いた長編ドキュメンタリー小説。

昭和34年、銀座に事務所を構えて東京進出をはたした稲川は、右翼の大物・児玉誉士夫と出会い「心の親」と仰ぐようになる。関東をまとめる一方、西の雄・山口組とも交流し、三代目田岡一雄組長の葬儀委員長という大役を務め全国の抗争を終結させていく……。現代の任侠道を貫いた首領(ドン)・稲川聖城の人生を描いた長編ドキュメンタリー小説、完結編。

「修羅の群れ 稲川聖城伝」の作品情報

レーベル
幻冬舎アウトロー文庫
出版社
幻冬舎
ジャンル
実用 エッセイ
ページ数
383ページ (修羅の群れ 稲川聖城伝(上))
配信開始日
2017年2月17日 (修羅の群れ 稲川聖城伝(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad