電子書籍 リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅 文芸・小説

著: 吉田正仁 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅 あらすじ・内容

ダメな自分と決別すべく、愛車(リヤカー!)とともに旅に出た。ブルガリアで凍傷による指切断の危機に直面し、東ティモールでは警官からケツバットを食らい、カナダでは熊と一戦交え......波瀾万丈の、遅々として終わりなき旅。「遅ければ遅いほどいい」とリヤカーを引いて歩き続けることにこだわった著者が見た、時速5キロの旅の絶景。

この作品を共有

「リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅」最新刊

ダメな自分と決別すべく、愛車(リヤカー!)とともに旅に出た。ブルガリアで凍傷による指切断の危機に直面し、東ティモールでは警官からケツバットを食らい、カナダでは熊と一戦交え......波瀾万丈の、遅々として終わりなき旅。「遅ければ遅いほどいい」とリヤカーを引いて歩き続けることにこだわった著者が見た、時速5キロの旅の絶景。

「リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅」の作品情報

レーベル
幻冬舎文庫
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説
ページ数
307ページ (リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅)
配信開始日
2017年2月10日 (リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad