電子書籍 丁半小僧武吉伝 文芸・小説

著: 沖田正午 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

丁半小僧武吉伝 賽の目返し あらすじ・内容

江戸は天保年間、八歳の少年武吉は兄・幸次郎の影響で一端の壺振りとなっていた。だが悪童たちとの賭博遊びが露見し、川越の呉服問屋・庄田屋へ奉公に出されてしまう。一方川越では博徒組織・竜神組による庄田屋乗っ取り計画が進んでいた。主家の危機を救うため、勝負の場で武吉が壺を振る――丁半博奕の天才少年武吉の活躍を描く痛快時代小説。

この作品を共有

「丁半小僧武吉伝」最新刊

川越の呉服問屋・庄田屋に奉公する少年武吉は番頭の言いつけで使いに出る。だが、そんな武吉を待っていたのは悪徳金貸しの一味だった――。ひょんなことから出生の秘密を知り母への恋慕を募らせる武吉のもとへ、ひとつ、またひとつと災難が。降りかかる火の粉を賽子(さいころ)勝負で払えるのか!? 丁半博奕の天才少年、武吉の活躍を描く痛快時代小説。

「丁半小僧武吉伝」作品一覧

(3冊)

557〜596(税込)

まとめてカート

江戸は天保年間、八歳の少年武吉は兄・幸次郎の影響で一端の壺振りとなっていた。だが悪童たちとの賭博遊びが露見し、川越の呉服問屋・庄田屋へ奉公に出されてしまう。一方川越では博徒組織・竜神組による庄田屋乗っ取り計画が進んでいた。主家の危機を救うため、勝負の場で武吉が壺を振る――丁半博奕の天才少年武吉の活躍を描く痛快時代小説。

川越の呉服問屋・庄田屋に奉公する武吉は、主の久兵衛とともに夜舟に乗り、江戸は浅草花川戸へと向かっていた。船上での仕掛け賭博、少女の身請け金六百両の行方、悪徳旅籠のいかさま博奕……。一難去ってまた一難。武吉の行く手にゃ、今日も明日も賽が鳴る!賽子(さいころ)勝負で悪人たちを懲らしめる丁半博奕の天才少年、武吉の活躍を描く痛快時代小説。

川越の呉服問屋・庄田屋に奉公する少年武吉は番頭の言いつけで使いに出る。だが、そんな武吉を待っていたのは悪徳金貸しの一味だった――。ひょんなことから出生の秘密を知り母への恋慕を募らせる武吉のもとへ、ひとつ、またひとつと災難が。降りかかる火の粉を賽子(さいころ)勝負で払えるのか!? 丁半博奕の天才少年、武吉の活躍を描く痛快時代小説。

「丁半小僧武吉伝」の作品情報

レーベル
幻冬舎時代小説文庫
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
259ページ (丁半小僧武吉伝 賽の目返し)
配信開始日
2017年2月17日 (丁半小僧武吉伝 賽の目返し)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad