電子書籍 公務員はなぜ認知症になりやすいのか ボケやすい脳、ボケにくい脳 新書

著: 長谷川嘉哉 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

公務員はなぜ認知症になりやすいのか ボケやすい脳、ボケにくい脳 あらすじ・内容

65歳以上の7人に1人といわれ、急増中の認知症。うち約7割を占めるアルツハイマー型では、記憶を司る脳の「海馬」が衰えていることは知られているが、最近では、感情を司る「扁桃核」の衰えも、発症に大きく関わることが分かってきた。ボケる・ボケないの分かれ道は、40代以降、扁桃核によい刺激を与えてきたかどうか。特に危ないのは、マンネリで変化を好まない、公務員のような職業だ。扁桃核によい働き方、生活習慣、人間関係とは? 認知症専門医が教える画期的予防法。

この作品を共有

「公務員はなぜ認知症になりやすいのか ボケやすい脳、ボケにくい脳」最新刊

65歳以上の7人に1人といわれ、急増中の認知症。うち約7割を占めるアルツハイマー型では、記憶を司る脳の「海馬」が衰えていることは知られているが、最近では、感情を司る「扁桃核」の衰えも、発症に大きく関わることが分かってきた。ボケる・ボケないの分かれ道は、40代以降、扁桃核によい刺激を与えてきたかどうか。特に危ないのは、マンネリで変化を好まない、公務員のような職業だ。扁桃核によい働き方、生活習慣、人間関係とは? 認知症専門医が教える画期的予防法。

「公務員はなぜ認知症になりやすいのか ボケやすい脳、ボケにくい脳」の作品情報

レーベル
幻冬舎新書
出版社
幻冬舎
ジャンル
新書 暮らし・健康・子育て 医学・薬学
ページ数
185ページ (公務員はなぜ認知症になりやすいのか ボケやすい脳、ボケにくい脳)
配信開始日
2017年2月10日 (公務員はなぜ認知症になりやすいのか ボケやすい脳、ボケにくい脳)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad