電子書籍 甘味屋十兵衛子守り剣 文芸・小説

著: 牧秀彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

甘味屋十兵衛子守り剣 あらすじ・内容

『婿殿開眼』に始まる「算盤侍影御用」シリーズなどが絶好調の牧秀彦氏、新シリーズ始動!
時は江戸幕末、深川にある甘味屋・笑福堂では主の十兵衛が作る美味しい菓子と、妻のおはること遥香の笑顔が評判を呼んでいます。しかしこの二人、夫婦というのは世を忍ぶ姿。国許で主君の側室だった遥香と、その娘・智音を暗殺から救った十兵衛は、三人で江戸へと逃れてきたのです。身分違いな恋心を胸に秘め、二人を命がけで守り抜くことを誓った十兵衛の前に、穏やかな暮らしを打ち破る不審な侍が姿を現し……。すがすがしい人情譚とスリルあふれる剣戟をお楽しみください!

この作品を共有

「甘味屋十兵衛子守り剣」最新刊

深川の甘味屋・笑福堂の十兵衛と遥香が、偽りの夫婦となって二年半。お互いを想う気持ちはあるものの、実は御国御前である遥香への遠慮が邪魔をして、十兵衛は一歩踏み出せずにいた。そんな折、草餅好きな常連客・土方歳三は京に上る予定を前に、遥香への想いを果たす決意をして……。わけあり菓子匠がかりそめの妻子を護る痛快時代小説、いよいよ最終巻!

「甘味屋十兵衛子守り剣」作品一覧

(5冊)

557〜627(税込)

まとめてカート

『婿殿開眼』に始まる「算盤侍影御用」シリーズなどが絶好調の牧秀彦氏、新シリーズ始動!
時は江戸幕末、深川にある甘味屋・笑福堂では主の十兵衛が作る美味しい菓子と、妻のおはること遥香の笑顔が評判を呼んでいます。しかしこの二人、夫婦というのは世を忍ぶ姿。国許で主君の側室だった遥香と、その娘・智音を暗殺から救った十兵衛は、三人で江戸へと逃れてきたのです。身分違いな恋心を胸に秘め、二人を命がけで守り抜くことを誓った十兵衛の前に、穏やかな暮らしを打ち破る不審な侍が姿を現し……。すがすがしい人情譚とスリルあふれる剣戟をお楽しみください!

笑福堂の主・十兵衛は、妻の遥香と娘の智音を狙う刺客を辛くも退けた。だが助成した幕閣の大物・岩井信義に「本当の妻子ではないのであろう?」と問われてしまう。隠しきれないと悟った十兵衛は、藩主の側室と娘が国許から命を狙われる所以と、甘味を愛した藩主との絆を明かすが……。甘味屋が用心棒となって奮闘する大好評シリーズ第2弾!

将軍・家茂公と皇女・和宮の婚礼が近づき、笑福堂の十兵衛は菓子の試作に余念がない。常連客の岩井信義から、婚礼祝いの献上品を頼まれたのだ。将軍家を満足させることができれば店の評判が上がり、妻子と偽り守っている御国御前の遥香と娘・智音が、国許から命を狙われることもなくなる。だが、十兵衛の予定していた菓子が敵対する和泉屋と同じものだと判明、しかも相手の品は完璧で……。訳あり母娘を守る用心棒の、せつなくも痛快な傑作シリーズ第三弾!

「甘味屋十兵衛子守り剣」の作品情報

レーベル
幻冬舎時代小説文庫
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
236ページ (甘味屋十兵衛子守り剣)
配信開始日
2017年2月17日 (甘味屋十兵衛子守り剣)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad