電子書籍 蝮の孫 文芸・小説

著: 天野純希 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

蝮の孫 あらすじ・内容

男の名は斎藤龍興。この男、稀代の愚将か名将か。戦嫌いの男は如何にして、信長を追い詰めたのか? 波乱に満ちたその生涯を描く、戦国史小説。

美濃の戦国大名・斎藤龍興は、《美濃のマムシ》と呼ばれた名将・斎藤道三の孫でありながら、愚将と呼ばれ続けてきた。ある日、家臣である竹中重治らの謀反により、城を追われる。国と大切な人を失うが、失意を乗り越えて軍略や武芸に励み城を奪還する。しかし、龍興に前には戦国最強の男、織田信長が立ち塞がる。絶対的窮地の中、龍興は信長に何度も挑み、彼を追い詰めるのだが――。愚将か名将か? 男は一体何の為に戦うのか? 波乱に満ちた男、斎藤龍興の生き様を描く、戦国史小説。

この作品を共有

「蝮の孫」最新刊

男の名は斎藤龍興。この男、稀代の愚将か名将か。戦嫌いの男は如何にして、信長を追い詰めたのか? 波乱に満ちたその生涯を描く、戦国史小説。

美濃の戦国大名・斎藤龍興は、《美濃のマムシ》と呼ばれた名将・斎藤道三の孫でありながら、愚将と呼ばれ続けてきた。ある日、家臣である竹中重治らの謀反により、城を追われる。国と大切な人を失うが、失意を乗り越えて軍略や武芸に励み城を奪還する。しかし、龍興に前には戦国最強の男、織田信長が立ち塞がる。絶対的窮地の中、龍興は信長に何度も挑み、彼を追い詰めるのだが――。愚将か名将か? 男は一体何の為に戦うのか? 波乱に満ちた男、斎藤龍興の生き様を描く、戦国史小説。

「蝮の孫」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説 時代小説 日本文学 歴史
ページ数
361ページ (蝮の孫)
配信開始日
2017年2月10日 (蝮の孫)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad