電子書籍 なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 新書

著: 森炎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情 あらすじ・内容

EUは廃止、米国でも一五州で廃止された死刑制度を未だ適用するわが国で昨今、死刑基準に変化が生じている。そもそも死刑基準と言えば、一九八三年に最高裁が永山事件で示した「被害者の数」「犯罪の性質」「犯人の年齢」などが指針とされてきたが、近年では少年犯、一人殺害でも死刑になる可能性が高まっている。国民の誰もが死刑裁判に立ち会う可能性がある今、妥当な死刑判決はあり得るのか。戦後の主立った「死刑判決」事件を振り返りながら、時代によって大きく変わる死刑基準について考察する。

この作品を共有

「なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか」最新刊

EUは廃止、米国でも一五州で廃止された死刑制度を未だ適用するわが国で昨今、死刑基準に変化が生じている。そもそも死刑基準と言えば、一九八三年に最高裁が永山事件で示した「被害者の数」「犯罪の性質」「犯人の年齢」などが指針とされてきたが、近年では少年犯、一人殺害でも死刑になる可能性が高まっている。国民の誰もが死刑裁判に立ち会う可能性がある今、妥当な死刑判決はあり得るのか。戦後の主立った「死刑判決」事件を振り返りながら、時代によって大きく変わる死刑基準について考察する。

「なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか」の作品情報

レーベル
幻冬舎新書
出版社
幻冬舎
ジャンル
新書 憲法・法律 社会 学問
ページ数
191ページ (なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情)
配信開始日
2017年2月10日 (なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad