電子書籍 公事師 卍屋甲太夫三代目 文芸・小説

著: 幡大介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

公事師 卍屋甲太夫三代目 あらすじ・内容

訴訟の代行をする公事師として名高い二代目卍屋甲太夫。その一人娘・お甲は、父を手伝い、女だてらに公事を取り仕切る切れ者だ。だが、女が後継になることは許されなかった。父が病床に伏した時、婿をとりたくないお甲は、架空の人物・卍屋甲太夫三代目をでっち上げ、家業を継ごうとするが――。波瀾万丈にして痛快! 待望の傑作新シリーズ登場。

この作品を共有

「公事師 卍屋甲太夫三代目」最新刊

下総の村から江戸に奉公に出た若者が次々と失踪する事件が起きる。失踪者の共通点は、奉公の世話役を政五郎が務めたこと。だが、政五郎は奉行所に通じており、村人が真相を追及することは困難という。依頼を受けたお甲は正面から事件を解決すべく奔走するが、金のにおいを嗅ぎ付けたいかさま師が登場し、事態は予想外の方向に。シリーズ第三弾。

「公事師 卍屋甲太夫三代目」作品一覧

(3冊)

678〜717(税込)

まとめてカート

訴訟の代行をする公事師として名高い二代目卍屋甲太夫。その一人娘・お甲は、父を手伝い、女だてらに公事を取り仕切る切れ者だ。だが、女が後継になることは許されなかった。父が病床に伏した時、婿をとりたくないお甲は、架空の人物・卍屋甲太夫三代目をでっち上げ、家業を継ごうとするが――。波瀾万丈にして痛快! 待望の傑作新シリーズ登場。

卍屋甲太夫三代目の正体は、卍屋の一人娘・お甲がでっちあげた架空の人物だったが、弱みにつけ込まれ、いかさま師に名前を乗っ取られてしまった。そんな卍屋に、ヤクザと用水路の取り合いをしている名主が訪れた。正義感に燃えるお甲が、訴訟取り消しをすべく奔走する一方、いかさま師は、金を稼ぐために驚愕の案を打ち出した。痛快シリーズ第二弾。

下総の村から江戸に奉公に出た若者が次々と失踪する事件が起きる。失踪者の共通点は、奉公の世話役を政五郎が務めたこと。だが、政五郎は奉行所に通じており、村人が真相を追及することは困難という。依頼を受けたお甲は正面から事件を解決すべく奔走するが、金のにおいを嗅ぎ付けたいかさま師が登場し、事態は予想外の方向に。シリーズ第三弾。

「公事師 卍屋甲太夫三代目」の作品情報

レーベル
幻冬舎時代小説文庫
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
263ページ (公事師 卍屋甲太夫三代目)
配信開始日
2017年2月10日 (公事師 卍屋甲太夫三代目)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad