電子書籍 歴史小説 後醍醐天皇・記 文芸・小説

著: 植木静山 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

歴史小説 後醍醐天皇・記 あらすじ・内容

鎌倉時代末期。すっかり腐敗した幕府を倒し、乱れた世を立て直そうと後醍醐天皇が動き出した。二度の倒幕計画が失敗に終わり、隠岐への島流しという憂き目に遭っても諦めず、なおも倒幕の機会を狙う、後醍醐天皇。そんな帝に呼応し、楠木正成、新田義貞、足利高氏らも立ち上がった。彼らの協力を得て、ようやく悲願の打倒・鎌倉幕府を成し遂げると、年号を建武と改め新政を始める。しかし、次に待ち受けていたのは足利尊氏の離反と南北朝の分裂というさらなる苦難だった――。何度でも立ち上がる型破りな帝・後醍醐天皇の波乱の生涯を描いた、長編大河小説。帝という対場でありながら、自らも鎧を身にまとって戦いに加わることを望んだ後醍醐天皇の思いとは。

この作品を共有

「歴史小説 後醍醐天皇・記」最新刊

鎌倉時代末期。すっかり腐敗した幕府を倒し、乱れた世を立て直そうと後醍醐天皇が動き出した。二度の倒幕計画が失敗に終わり、隠岐への島流しという憂き目に遭っても諦めず、なおも倒幕の機会を狙う、後醍醐天皇。そんな帝に呼応し、楠木正成、新田義貞、足利高氏らも立ち上がった。彼らの協力を得て、ようやく悲願の打倒・鎌倉幕府を成し遂げると、年号を建武と改め新政を始める。しかし、次に待ち受けていたのは足利尊氏の離反と南北朝の分裂というさらなる苦難だった――。何度でも立ち上がる型破りな帝・後醍醐天皇の波乱の生涯を描いた、長編大河小説。帝という対場でありながら、自らも鎧を身にまとって戦いに加わることを望んだ後醍醐天皇の思いとは。

「歴史小説 後醍醐天皇・記」の作品情報

レーベル
――
出版社
幻冬舎メディアコンサルティング
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
372ページ (歴史小説 後醍醐天皇・記)
配信開始日
2017年1月27日 (歴史小説 後醍醐天皇・記)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad