電子書籍 医療機器開発とベンチャーキャピタル 実用

著: 大下創  著: 池野文昭 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

医療機器開発とベンチャーキャピタル あらすじ・内容

本書では、医療機器ベンチャーに関心のある人、あるいは革新的な新製品のアイデアや技術力を持つすべての人に向け、新しい医療機器が生み出される仕組みとプロセスをわかりやすく解説した。医療機器産業やベンチャーキャピタルに深い関心を持つ医師や技術者、経営者などを対象に、ベンチャー企業とベンチャーキャピタルの理解を深め、より多くのベンチャーが日本から出現するきっかけをつくることを目指す一書だ

  • シェア:

「医療機器開発とベンチャーキャピタル」最新刊

医療機器専門のベンチャーキャピタルとして、20年以上、ベンチャー企業の成功も失敗も数多く見てきた著者。
そのなかで感じるのは、国内ベンチャー企業は海外ベンチャー企業と比べ知識不足で未熟だということ。
そこで本書では、起業前に検討しなくてはいけない事柄をはじめ、
ベンチャー企業が開発すべき製品の見極めと価値、ベンチャーキャピタルの役割など、
成功率を上げるために前もって得ておきたい知識をまとめた。
前書では基本的な内容に終始したが、本書では本格的に起業を考えている人へ向けて、
より実践的で踏み込んだ内容を扱っているので、ベンチャー企業を立ち上げる前に読んでほしい。

「医療機器開発とベンチャーキャピタル」作品一覧

(2冊)

各704(税込)

まとめてカート

本書では、医療機器ベンチャーに関心のある人、あるいは革新的な新製品のアイデアや技術力を持つすべての人に向け、新しい医療機器が生み出される仕組みとプロセスをわかりやすく解説した。医療機器産業やベンチャーキャピタルに深い関心を持つ医師や技術者、経営者などを対象に、ベンチャー企業とベンチャーキャピタルの理解を深め、より多くのベンチャーが日本から出現するきっかけをつくることを目指す一書だ

医療機器専門のベンチャーキャピタルとして、20年以上、ベンチャー企業の成功も失敗も数多く見てきた著者。
そのなかで感じるのは、国内ベンチャー企業は海外ベンチャー企業と比べ知識不足で未熟だということ。
そこで本書では、起業前に検討しなくてはいけない事柄をはじめ、
ベンチャー企業が開発すべき製品の見極めと価値、ベンチャーキャピタルの役割など、
成功率を上げるために前もって得ておきたい知識をまとめた。
前書では基本的な内容に終始したが、本書では本格的に起業を考えている人へ向けて、
より実践的で踏み込んだ内容を扱っているので、ベンチャー企業を立ち上げる前に読んでほしい。

「医療機器開発とベンチャーキャピタル」の作品情報

レーベル
――
出版社
幻冬舎メディアコンサルティング
ジャンル
実用
ページ数
166ページ (医療機器開発とベンチャーキャピタル)
配信開始日
2017年1月27日 (医療機器開発とベンチャーキャピタル)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。