電子書籍 北海道の怖い話 文芸・小説

著: 寺井広樹  著: 村神徳子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

北海道の怖い話 あらすじ・内容

夕張新炭鉱と父と僕と…(夕張市 清陵町)
1981年10月16日正午、夕張新炭鉱にて起きた大規模なガス爆発事故。「お父さん、さっき僕に会いに来たよ」その日の夜、太郎君とお兄ちゃんは不思議な体験をした。

里塚霊園からの死の電話…(札幌市清田区)
20数年ぶりでの同窓会の帰り、男女4人で車に乗った。「ここはな、電話ボックスで電話すると幽霊からコールバックされるってよ」市営霊園と火葬場が敷地内にある里塚霊園。行かなければよかったと今も後悔している。

雄別炭鉱跡の廃屋群に近付くな……(釧路市 御別区)
取材に行けば呪われる…いつしかそれが常識となったその最初の頃の話である。また魂が一つこの草原に消えた。

等、身の毛もよだつ北海道の怪談を37編も蒐集。

この作品を共有

「北海道の怖い話」最新刊

夕張新炭鉱と父と僕と…(夕張市 清陵町)
1981年10月16日正午、夕張新炭鉱にて起きた大規模なガス爆発事故。「お父さん、さっき僕に会いに来たよ」その日の夜、太郎君とお兄ちゃんは不思議な体験をした。

里塚霊園からの死の電話…(札幌市清田区)
20数年ぶりでの同窓会の帰り、男女4人で車に乗った。「ここはな、電話ボックスで電話すると幽霊からコールバックされるってよ」市営霊園と火葬場が敷地内にある里塚霊園。行かなければよかったと今も後悔している。

雄別炭鉱跡の廃屋群に近付くな……(釧路市 御別区)
取材に行けば呪われる…いつしかそれが常識となったその最初の頃の話である。また魂が一つこの草原に消えた。

等、身の毛もよだつ北海道の怪談を37編も蒐集。

「北海道の怖い話」の作品情報

レーベル
――
出版社
TOブックス
ジャンル
文芸・小説 オカルト ホラー
ページ数
181ページ (北海道の怖い話)
配信開始日
2017年1月30日 (北海道の怖い話)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad