電子書籍 恐怖実話 怪の足跡(竹書房文庫) 文芸・小説

著: 吉田悠軌 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

恐怖実話 怪の足跡 あらすじ・内容

瑕疵物件、事故現場…恐怖の残穢が胸に突き刺さる!
暗澹とした実話譚!!

実話怪談の収集・取材のため頻繁に「怪談現場」を訪れる著者。
ただし、誰もが怪異を体験し、ウラが取れるならばそれはもう『怪談』ではないとも語る。
それではなぜ現場に行くのかとの問いに「場所の空気を感じたいから」であり、場所の地形や雰囲気、建物の具合を感じ取りたいからだという。
また、その土地の歴史も掘ってみたいとも語る。
怪の足跡をたどれば――そこにあるのは黒く深い恐怖のみ。

この作品を共有

「恐怖実話 怪の足跡(竹書房文庫)」最新刊

瑕疵物件、事故現場…恐怖の残穢が胸に突き刺さる!
暗澹とした実話譚!!

実話怪談の収集・取材のため頻繁に「怪談現場」を訪れる著者。
ただし、誰もが怪異を体験し、ウラが取れるならばそれはもう『怪談』ではないとも語る。
それではなぜ現場に行くのかとの問いに「場所の空気を感じたいから」であり、場所の地形や雰囲気、建物の具合を感じ取りたいからだという。
また、その土地の歴史も掘ってみたいとも語る。
怪の足跡をたどれば――そこにあるのは黒く深い恐怖のみ。

「恐怖実話 怪の足跡(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 ホラー
ページ数
190ページ (恐怖実話 怪の足跡)
配信開始日
2017年1月28日 (恐怖実話 怪の足跡)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad