電子書籍 飯野文彦劇場 山でやったとき 文芸・小説

著: 飯野文彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

飯野文彦劇場 山でやったとき あらすじ・内容

ヤリたい盛りの高校生カップルが、人けのない山の高台で乳繰りあっていたとき、そいつは現われた。「なぜ今日は脱がない、脱げ、脱げ! いつもみたいにすっぽんぽんになって見せろ!!」。毛むくじゃらの獣のような男は興奮の雄叫びをあげ、少女をさらって山中に姿を消した。やつは何ものだったのか?

この作品を共有

「飯野文彦劇場 山でやったとき」最新刊

ヤリたい盛りの高校生カップルが、人けのない山の高台で乳繰りあっていたとき、そいつは現われた。「なぜ今日は脱がない、脱げ、脱げ! いつもみたいにすっぽんぽんになって見せろ!!」。毛むくじゃらの獣のような男は興奮の雄叫びをあげ、少女をさらって山中に姿を消した。やつは何ものだったのか?

「飯野文彦劇場 山でやったとき」の作品情報

レーベル
e-NOVELS
出版社
e-NOVELS
ジャンル
文芸・小説 ファンタジー
ページ数
105ページ (飯野文彦劇場 山でやったとき)
配信開始日
2016年7月1日 (飯野文彦劇場 山でやったとき)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad