電子書籍 声を聞かせて(いるかネットブックス) 文芸・小説

著: 美月天音 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

声を聞かせて(上巻) あらすじ・内容

看護師をしている母と2人暮らしの夏帆は、アルバイトをして、母を助けながらインテリアデザインの専門学校へ通っている。画家だった父は5歳の時に病死しており、父の記憶が薄い彼女が、唯一覚えているのが手の感触と声だった。
ある夜、夏帆はバイト帰りに一人の男性と出会う。19歳の今まで恋愛をしたことがない彼女が心惹かれたのは、父と同じように声が印象的な男性だった。
腐れ縁の同級生准と、バイト先のマスターを交え……夏帆の恋は、やがて皮肉な運命に翻弄される。
★上/下2巻のうちの上巻

この作品を共有

「声を聞かせて(いるかネットブックス)」最新刊

看護師をしている母と2人暮らしの夏帆は、アルバイトをして、母を助けながらインテリアデザインの専門学校へ通っている。画家だった父は5歳の時に病死しており、父の記憶が薄い彼女が、唯一覚えているのが手の感触と声だった。
ある夜、夏帆はバイト帰りに一人の男性と出会う。19歳の今まで恋愛をしたことがない彼女が心惹かれたのは、父と同じように声が印象的な男性だった。
腐れ縁の同級生准と、バイト先のマスターを交え……やがて夏帆の恋は、皮肉な運命に翻弄される。
★上/下2巻のうちの下巻

「声を聞かせて(いるかネットブックス)」作品一覧

(2冊)

各550(税込)

まとめてカート

看護師をしている母と2人暮らしの夏帆は、アルバイトをして、母を助けながらインテリアデザインの専門学校へ通っている。画家だった父は5歳の時に病死しており、父の記憶が薄い彼女が、唯一覚えているのが手の感触と声だった。
ある夜、夏帆はバイト帰りに一人の男性と出会う。19歳の今まで恋愛をしたことがない彼女が心惹かれたのは、父と同じように声が印象的な男性だった。
腐れ縁の同級生准と、バイト先のマスターを交え……夏帆の恋は、やがて皮肉な運命に翻弄される。
★上/下2巻のうちの上巻

看護師をしている母と2人暮らしの夏帆は、アルバイトをして、母を助けながらインテリアデザインの専門学校へ通っている。画家だった父は5歳の時に病死しており、父の記憶が薄い彼女が、唯一覚えているのが手の感触と声だった。
ある夜、夏帆はバイト帰りに一人の男性と出会う。19歳の今まで恋愛をしたことがない彼女が心惹かれたのは、父と同じように声が印象的な男性だった。
腐れ縁の同級生准と、バイト先のマスターを交え……やがて夏帆の恋は、皮肉な運命に翻弄される。
★上/下2巻のうちの下巻

「声を聞かせて(いるかネットブックス)」の作品情報

レーベル
いるかネットブックス
出版社
インタープレイ
ジャンル
文芸・小説 恋愛
ページ数
189ページ (声を聞かせて(上巻))
配信開始日
2017年2月3日 (声を聞かせて(上巻))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad