電子書籍 胡蝶に告げよ・戦国前夜より(いるかネットブックス) 文芸・小説

著: 青笹慶彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

胡蝶に告げよ・戦国前夜より あらすじ・内容

天文二十二(一五五三)年如月、今川義元の家老、由比家に仕える地侍の伴十郎衛門の足軽をする佐平は、夜更けに同輩の孫吉が山中で怪力を放つ光景を目撃する。
孫吉の体につけた御札のおかげだと目星をつけた佐平は手に入れようと決める。
数日後の晩に佐平は甲州衆に追われた鉱山遊女の珠を救って同衾する。
珠のために真人間になれるかもしれないと考えた矢先に佐平の留守中に珠は甲州衆に連れ去られていた。

この作品を共有

「胡蝶に告げよ・戦国前夜より(いるかネットブックス)」最新刊

天文二十二(一五五三)年如月、今川義元の家老、由比家に仕える地侍の伴十郎衛門の足軽をする佐平は、夜更けに同輩の孫吉が山中で怪力を放つ光景を目撃する。
孫吉の体につけた御札のおかげだと目星をつけた佐平は手に入れようと決める。
数日後の晩に佐平は甲州衆に追われた鉱山遊女の珠を救って同衾する。
珠のために真人間になれるかもしれないと考えた矢先に佐平の留守中に珠は甲州衆に連れ去られていた。

「胡蝶に告げよ・戦国前夜より(いるかネットブックス)」の作品情報

レーベル
いるかネットブックス
出版社
インタープレイ
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
98ページ (胡蝶に告げよ・戦国前夜より)
配信開始日
2017年2月3日 (胡蝶に告げよ・戦国前夜より)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad