電子書籍 昭和史の大河を往く 実用

著: 保阪正康 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉 あらすじ・内容

日米開戦前夜、官邸の一室で東條首相が独り泣いていた―昭和史を縦断する国会と官邸の権力闘争。
その渦中、あの東條すら打ち震えた!!渾身の取材で掘り起こした衝撃の秘話。

<目次>
国会が死んだ日

浜田国松の“ハラキリ問答”
軍部大臣現役武官制という“魔物”
陸軍の二度目のクーデター、議会解体
斎藤隆夫の“反軍演説”
斎藤隆夫を見捨てる議員たち
斎藤隆夫“除名”と政党政治の終焉
“憲政の神様”尾崎行雄の抵抗
“神様”が不敬罪に
翼賛選挙と東京初空襲
尾崎行雄の法廷闘争

首相官邸の主人たち

開戦前夜、東條首相は官邸で独り泣いていた
佐藤首相と官邸前で焼身自殺した老人の戦い
佐藤首相の政治的野心と市井の老人の諫言
五・一五事件──女性たちの証言
テロリストを英雄視してしまった時代
二・二六事件──軍靴に蹂躙された官邸と日本政治
真珠湾攻撃当日、官邸での小宴
終戦の日──鈴木首相の心情
〈戦後〉の原点──東久邇首相の発言を見直す
「直接、国民の声を」──東久邇内閣の50日
吉田と鳩山の総理の椅子を懸けた闘い
自衛隊出動寸前──岸首相と六〇年安保
国民の欲望の肥大化が生み出した“今太閤”──田中政権の終焉

あとがきにかえて──国会と官邸の一角に立ち考えたこと

この作品を共有

「昭和史の大河を往く」最新刊

昭和史の第一人者が説くもう一つの日本の可能性。ミッドウェー海戦に勝利していれば、昭和天皇が終戦直後に退位していれば、日本は変わった? <目次>もし日本海軍がミッドウェー海戦で勝利していたらもし米軍のガダルカナル島上陸を本格的反撃と認識していたら山本五十六は自決したのか?もしアッツ島守備隊が玉砕の道を選ばなかったら絶対国防圏の欺瞞──もし知米派が作戦の中枢にいたら海軍乙事件──もし関係者を処罰していればもし秩父宮の東條の参謀総長兼任批判が表面化していればもしサイパンの民間人に投降勧告電報が打電されていればもし台湾沖航空戦の「大戦果」を訂正していればもし栗田艦隊がレイテ湾に突入していたらもし日本が原爆開発に成功していたらもし「大本営発表」が真実を告げていたらもし近衛上奏文の構想が実現していたらもし繆斌みよんひん工作から講和が実現していたらもし昭和天皇のバチカン和平工作が成功していたらもしソ連を仲介とした和平交渉で日本が手玉にとられなければもし日本が米ソに分割占領されていればもし「大本営発表」の虚偽が戦後、法廷で裁かれたならもし日本が「自主戦犯裁判」を開いていたらもし日本語のローマ字表記化が実行されていたらもし二・一ゼネストが決行されていたらもし昭和天皇が終戦後退位していたらもし占領期政策の継続を問う国民投票を実施していたらあとがきに代えて──あえて歴史に「もし」を持ちこんでみてわかること

「昭和史の大河を往く」作品一覧

(12冊)

各880(税込)

まとめてカート

日米開戦前夜、官邸の一室で東條首相が独り泣いていた―昭和史を縦断する国会と官邸の権力闘争。
その渦中、あの東條すら打ち震えた!!渾身の取材で掘り起こした衝撃の秘話。

<目次>
国会が死んだ日

浜田国松の“ハラキリ問答”
軍部大臣現役武官制という“魔物”
陸軍の二度目のクーデター、議会解体
斎藤隆夫の“反軍演説”
斎藤隆夫を見捨てる議員たち
斎藤隆夫“除名”と政党政治の終焉
“憲政の神様”尾崎行雄の抵抗
“神様”が不敬罪に
翼賛選挙と東京初空襲
尾崎行雄の法廷闘争

首相官邸の主人たち

開戦前夜、東條首相は官邸で独り泣いていた
佐藤首相と官邸前で焼身自殺した老人の戦い
佐藤首相の政治的野心と市井の老人の諫言
五・一五事件──女性たちの証言
テロリストを英雄視してしまった時代
二・二六事件──軍靴に蹂躙された官邸と日本政治
真珠湾攻撃当日、官邸での小宴
終戦の日──鈴木首相の心情
〈戦後〉の原点──東久邇首相の発言を見直す
「直接、国民の声を」──東久邇内閣の50日
吉田と鳩山の総理の椅子を懸けた闘い
自衛隊出動寸前──岸首相と六〇年安保
国民の欲望の肥大化が生み出した“今太閤”──田中政権の終焉

あとがきにかえて──国会と官邸の一角に立ち考えたこと

昭和天皇と弟宮が生きた昭和という「哀しみ」の時代。
皇居の濠を隔てて対峙する昭和天皇とマッカーサーの息詰まる心理戦。
“天皇制下の民主主義体制”へ、この国のかたちを決めた決断の時を、昭和天皇と三人の弟宮が担った歴史的使命を、新視点で問い直す。

<目次>
昭和天皇とマッカーサー
皇居の濠を隔てて対峙する二人の視線
占領者と被占領者の「黙契もっけい」
皇居前広場にこだまする「音」
極秘裏に行われた両者の第二回会見
占領者の帰国と被占領者の意思

昭和天皇と弟宮
富士山を見つめていた秩父宮
秩父宮──近代日本で初めて経験する第二皇子という立場
秩父宮──日米開戦と御殿場での療養の日々
八月十五日の秩父宮──開かれた皇室への舵取り役
昭和天皇の弟宮たちへの思い──二・二六事件に際して
明治天皇の期待を担った皇孫たち──皇室の近代化への道
大正期──それぞれの道を進む皇子たち
高松宮の最期の日々──昭和天皇との思い出
日米開戦前夜──高松宮の昭和天皇への進言
新発見『小倉侍従日記』が伝える高松宮と昭和天皇との激論
終戦後の高松宮──兄宮の「人間宣言」を側面から支援
三笠宮崇仁殿下が著者に託された資料──戦争への真摯な反省の念
三笠宮崇仁殿下──終戦への戦い
三笠宮崇仁殿下──戦時に日本軍の誤りを指摘
昭和天皇と弟宮が生きた昭和という「哀しみ」の時代

〈同時代史〉から〈歴史〉へ移行する昭和天皇像
相次いで公開された側近たちの記録が伝える昭和天皇像
昭和天皇にとっての八月十五日──先帝を超えて

あとがきに代えて──
昭和天皇の勝利、天皇制下の民主主義体制へ

動乱の時代を告げる一発の銃声、終幕に降り注ぐ数千トンの焼夷弾。
かたちを変え現在も残る「歴史の現場」に立ち、事件の背景・本質に迫る迫真のドキュメント。

<目次>
帝都を震撼させた二・二六事件
高橋是清惨殺の「現場」を目にして
二・二六事件は“義挙”ではなく“派閥抗争”に過ぎない
終始、鎮圧を主張した石原莞爾の動き
昭和天皇と“股肱の臣”鈴木貫太郎夫妻の紐帯
決起青年将校の巻きぞえになった下級兵士の苦悩
秩父宮は二・二六事件の黒幕に非ず
東京に戒厳令が布かれた日
“皇軍相撃”寸前、新統制派の暗躍
決起部隊を一転、鎮圧軍に──近衛師団の不可解な動き
処刑前の将校たち──安藤輝三は「秩父宮殿下萬歳」と叫んだのか
決起将校は銃殺され、参加兵士は生きて帰れぬ戦場へ
天誅名簿に名が記されていない男──東條英機
吉田松陰とともに回向院に眠る磯部浅一
二・二六事件とは何だったのか

東京が目撃した昭和という時代
浅沼稲次郎刺殺事件──交錯する二人の視線
シンガポール陥落、熱狂した日本人──誤解された山下奉文
“熱狂”から“追悼”へ──日比谷公会堂での戦没者追悼式
日比谷公園を設計した男──本多静六の人生
日比谷松本楼と孫文──中国革命を支援した日本人たち
反政府運動の現場となった日比谷公園
東京空襲の被害を想定していなかった軍事指導者
東京大空襲、あの戦争が人災であることを忘れるな
東京大空襲の総指揮官に、勲章を授与した日本政府
東京大空襲後、終戦の道を模索し始めた昭和天皇
原爆投下は「しょうがない」のか。史実を踏まえぬ久間発言
民間が運営する空襲を伝える施設を目にして
東京大空襲後も本土決戦を呼号した指導者の感性

あとがきに代えて──歴史に刻まれた“東京が震えた日”

「昭和史の大河を往く」の作品情報

レーベル
――
出版社
毎日新聞出版
ジャンル
実用 歴史
ページ数
511ページ (開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉)
配信開始日
2013年11月22日 (開戦、東條英機が泣いた―昭和史の大河を往く〈第2集〉)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad