電子書籍 獺祭 この国を動かした酒(扶桑社BOOKS新書) 新書

著: 勝谷誠彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

獺祭 この国を動かした酒 あらすじ・内容

脚光を浴びている山口の酒『獺祭』。
オバマ大統領をもてなした、最高峰の日本酒ができるまで。
発想と革新が導いた、地方の蔵の再生物語…

筆者は、まだ知る人ぞ知る存在だったときから、その素晴らしさを語り続けてきた。傾きかけた蔵を柔軟な発想と革新で再生に導いた蔵元の物語。

読んでから呑むといっそう、うまい。
日本酒を呑むということは、日本文化を味わい育てることであり、郷土を愛することでもある。
『獺祭』はもちろん天下を制した酒ではあるが、それぞれの地元には地元に愛されている酒がある。
さまざまなよさがある。……「地方創生」などと言われているが、そのネタの一つは日本酒にあると考えている。
空気、気温、水、米、そして人。
地方のすべてのエッセンスが日本酒には凝縮されているのである。
まだまだ素晴らしい酒はある。どんどん呑んで、応援しよう!

この作品を共有

「獺祭 この国を動かした酒(扶桑社BOOKS新書)」最新刊

脚光を浴びている山口の酒『獺祭』。
オバマ大統領をもてなした、最高峰の日本酒ができるまで。
発想と革新が導いた、地方の蔵の再生物語…

筆者は、まだ知る人ぞ知る存在だったときから、その素晴らしさを語り続けてきた。傾きかけた蔵を柔軟な発想と革新で再生に導いた蔵元の物語。

読んでから呑むといっそう、うまい。
日本酒を呑むということは、日本文化を味わい育てることであり、郷土を愛することでもある。
『獺祭』はもちろん天下を制した酒ではあるが、それぞれの地元には地元に愛されている酒がある。
さまざまなよさがある。……「地方創生」などと言われているが、そのネタの一つは日本酒にあると考えている。
空気、気温、水、米、そして人。
地方のすべてのエッセンスが日本酒には凝縮されているのである。
まだまだ素晴らしい酒はある。どんどん呑んで、応援しよう!

「獺祭 この国を動かした酒(扶桑社BOOKS新書)」の作品情報

レーベル
扶桑社BOOKS新書
出版社
扶桑社
ジャンル
新書 ノンフィクション
ページ数
172ページ (獺祭 この国を動かした酒)
配信開始日
2017年1月31日 (獺祭 この国を動かした酒)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad