電子書籍 四権分立の研究:教育権の独立 実用

著: 大崎素史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

44ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

四権分立の研究:教育権の独立 あらすじ・内容

1969年に池田SGI会長が提唱した「立法、司法、行政の三権から教育権を独立させる構想『四権分立』」に関する研究。教育権に関する過去の諸説や外国との比較をふまえ、地方・国・国際レベルの教育行政の独立性を検討。「教育権の独立」の可能性について多角的に論じ、「四権分立」実現への理論的方向性を示す。

この作品を共有

「四権分立の研究:教育権の独立」最新刊

1969年に池田SGI会長が提唱した「立法、司法、行政の三権から教育権を独立させる構想『四権分立』」に関する研究。教育権に関する過去の諸説や外国との比較をふまえ、地方・国・国際レベルの教育行政の独立性を検討。「教育権の独立」の可能性について多角的に論じ、「四権分立」実現への理論的方向性を示す。

「四権分立の研究:教育権の独立」の作品情報

レーベル
――
出版社
第三文明社
ジャンル
実用 政治 憲法・法律 社会 教育
ページ数
264ページ (四権分立の研究:教育権の独立)
配信開始日
2017年2月3日 (四権分立の研究:教育権の独立)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad