電子書籍 P+D BOOKS 春喪祭 文芸・小説

著: 赤江瀑 

まずは、無料で試し読み

試し読み

34ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

P+D BOOKS 春喪祭 あらすじ・内容

奈良・長谷寺を舞台にした“妖かしの世界”。

愛する野田涼太郎と初めて結ばれたにも拘わらず、翌日、なぜか吉村深美は姿を消してしまう。

一年後、牡丹で知られる奈良・長谷寺の門前町、初瀬で深美は死体となって発見された。琵琶の撥で手首を切り、琵琶の裏甲には万葉集の恋歌三首が遺されていた。深美の死因を探求すべく初瀬へ向かった涼太郎が見たものは……、いとも妖しげな無明世界だった。

耽美的な幻想文学の秀作「春喪祭」を含む、著者渾身の短篇6作を収録。

この作品を共有

「P+D BOOKS 春喪祭」最新刊

奈良・長谷寺を舞台にした“妖かしの世界”。

愛する野田涼太郎と初めて結ばれたにも拘わらず、翌日、なぜか吉村深美は姿を消してしまう。

一年後、牡丹で知られる奈良・長谷寺の門前町、初瀬で深美は死体となって発見された。琵琶の撥で手首を切り、琵琶の裏甲には万葉集の恋歌三首が遺されていた。深美の死因を探求すべく初瀬へ向かった涼太郎が見たものは……、いとも妖しげな無明世界だった。

耽美的な幻想文学の秀作「春喪祭」を含む、著者渾身の短篇6作を収録。

「P+D BOOKS 春喪祭」の作品情報

レーベル
P+D BOOKS
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説
ページ数
278ページ (P+D BOOKS 春喪祭)
配信開始日
2017年2月10日 (P+D BOOKS 春喪祭)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad