電子書籍 暗闘(幻冬舎単行本) 実用

著: 山口敬之 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

暗闘 あらすじ・内容

そのときトランプ、オバマは、
そしてプーチン、朴槿恵(パククネ)は――
ただ日本のために――
安倍晋三の信念と矜持。

安倍・トランプ会談の意味/オバマ外交とは何だったのか/
トランプ政権が狙うアジア政策とは/今後の日米関係の行方/TPPと交渉力/
官邸と外務省の軋轢/日本版NSCと外交担当総理補佐官新設の意図/
官邸主導「北方領土交渉」の全貌/内なる敵による情報漏洩/
保守政治家としての宿命……ほか  最も政権中枢を取材してきたジャーナリストが
独自情報(ソース)から描く知られざる安倍外交の全貌。

この作品を共有

「暗闘(幻冬舎単行本)」最新刊

そのときトランプ、オバマは、
そしてプーチン、朴槿恵(パククネ)は――
ただ日本のために――
安倍晋三の信念と矜持。

安倍・トランプ会談の意味/オバマ外交とは何だったのか/
トランプ政権が狙うアジア政策とは/今後の日米関係の行方/TPPと交渉力/
官邸と外務省の軋轢/日本版NSCと外交担当総理補佐官新設の意図/
官邸主導「北方領土交渉」の全貌/内なる敵による情報漏洩/
保守政治家としての宿命……ほか  最も政権中枢を取材してきたジャーナリストが
独自情報(ソース)から描く知られざる安倍外交の全貌。

「暗闘(幻冬舎単行本)」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
実用 政治 社会
ページ数
197ページ (暗闘)
配信開始日
2017年2月10日 (暗闘)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad